ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

麦畑と雲・・・

800_5556


 不動岩(熊本県山鹿市)の近く、あちこちを走っていると、最終的に、その入り口の鳥居のところに辿り着いた。幼い頃に、遠足で足を踏み入れたところでもある。

 外は摂氏30度を超える猛暑。車を降りて、超広角レンズのみを持ち出し、炎天下の麦畑を撮ることにした。15-30mmの超広角なので、地面すれすれにカメラを置き、麦の穂を仰ぐように撮してみた。肉眼では空は霞んでいるけれども、いい具合にレンズを通ってきた光は美しかった。透けるような空と白い雲。大地にしっかりと根を張った麦が、天を突くような勢いで背伸びをしていた。

 最近、600mmを超える超望遠やマクロレンズの使用頻度が高かったので、今回の超広角で捉えた景色に、心がもぞもぞとしたのだった。広角は、標準や望遠と異なり、1枚の写真に含まれる情報量が圧倒的に多くなる。それが超広角ともなると、面白い歪み具合が、また普段とは異なる景色となり、静止画であるのに、穂先が揺れ動くような錯覚に陥るのである。

 一昨日、某所でカメラ大好きな方と出会い、夜景を眺めながら、カメラ談義。その方からのお礼のメールの中に、こんな言葉があった。「海や山といった自然が好きで、カメラと出会えたお陰で、その時の記憶を残す事が出来る様になって、本当に幸福感が倍増しました。」と。

 カメラという共通の趣味での出会いはたまにあるけれども、これほどまで笑顔で清々しい方との出会いは数少ない。蛇足だが、その方もNIKON党のようで、ホッとした。


800_5559


800_5555


▼取材風景(超広角レンズ15-30mm)
D60_5060



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/5/19 04:02 am

心安らぐ、八景水谷公園。

500_9037


 いつ立ち寄っても、八景水谷公園は筆者にとって格別なところである。野鳥がさえずり、鯉が跳ね、遊歩道では犬の散歩やウォーキングを楽しむ人たちが多く訪れる。

 実は蓮の花が気になり足を運んだのであるが、まだ咲き始めであった。しかし、葉が密集しており、水面に映り込む美しい姿を撮影するには少々無理があるようだ。

 撮影途中に電話による打ち合わせが入り、撮影が中途半端に終わってしまったことが本日の反省点だが、アシスタントはトンボ2種を追いかけ、いつの間にか筆者の3倍ほど撮影していたようだ。

 撮影はメンタル面が重要なファクターなので、どうも最近スランプに陥っているのかと、自問自答したのであった。その原因はよく分かっているものの、近頃、理不尽極まりない事に二度直面したので、その凹みもあろうかと。

 人はなぜ平穏無事の内に、物事を進めないのだろうか!?実に不可思議である。軽々な言葉で突っ走り、約束を守らない人もいる。また、某行政サイドの人間の高圧的な言葉で、老夫婦の余生が脅かされるような、事件性の高い話も耳に入ってきたのだった。

 八景水谷公園の写真をBehanceにアップすると、外国の方が「あなたの写真を見ると、その公園が如何に美しいのかがわかる!」とコメントを残してくれたが、人はこのように自然に触れることで、日頃のドロドロしい自分自身を浄化できるのではなかろうかと。常に神頼みの都合の良い人もいるが、自然に勝るものはこの世にはない。


500_9110


500_9129


500_9132


500_9133


500_9138


500_9088


▼取材風景
D60_5039



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2017/5/18 03:22 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp