ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

なごりツツジと黒揚羽・・・

500_8716


 歴史深い、隈部氏館跡。同史跡は、熊本県山鹿市菊鹿町の山手にある。景観が素晴らしく、時には、長崎県の普賢岳も見えるという絶景の地である。春になれば桜が咲き誇り、菜の花やツツジもその史跡を包み込む。

 先般、ツツジも終わりの頃だったが、新鮮な空気を吸いに、同史跡駐車場へ足を運び入れた。正直、以前立ち寄った頃と比べると何もない。新緑の山々と飛び交う虫ばかりで、少々寂しげな公園と化していた。

 そろそろ撮影を止めようかと思った時に、黒揚羽がヒラヒラと飛んできた。ツツジの花々もほとんど散り去り、なごりツツジの花の蜜を吸いに来たのだろうと。ファインダーをずっと覗いていると、ようやく小さな花に止まった。元気のない黒揚羽。最後の力を振り絞り、飛び回っているのかも知れないが、その背景の新緑と相まって、素敵な写真が数枚撮れたのだった。

 最後に笑ったのが、軽トラに乗ったワンちゃんである。軽トラがさっと目の前を通り過ぎたので、ちらっと見ると、ワンちゃんが寂しそうな目をしてこちらを見ているのである。一瞬だったので、1枚しか撮れなかったが、「哀愁」という言葉が似合う顔つきのワンちゃん。軽トラに貼られた高齢者マークと老犬・・・何とも複雑な気持ちになってしまった。

500_8723


500_8688


500_8690


500_8687


▼軽トラに乗る老犬
500_8669


▼取材風景
D60_4771



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2017/5/27 12:00 am

熊本城二の丸公園の午後・・・

▼現在修復中の熊本城大天守

D75_0928


 熊本県護国神社から石橋を渡り、熊本城二の丸公園へと・・・。

 広々とした二の丸公園は、熊本地震前の普段の姿に戻っており、記念撮影をする団体、スポーツトレーニングをする学生たち、犬の散歩をする周辺の住民と、賑々しい様子であった。地震後、閉鎖していた熊本県立美術館でも展示会が開催されており、多くの美術ファンが足を運んでいたようだ。

 炎天下の二の丸公園は少々辛いが、広大な熊本城の一角は、お散歩カメラにはもってこいの被写体が点在している。特に筆者が気に入っているのが、生け垣の下に咲く野草やそれに集まるミツバチなど、見ているだけで、「生きている!」を感じる。

 遠景に熊本城大天守の修復中の姿が見えた。中の修復工事が見えるように、何やらネットのようなもので覆っているようだ。残念ながら、被災状況は想定外に酷かったのか、大天守の上方の一部は一度壊して、再建する方向で進められているようだ。


D75_1041


▼熊本県立美術館入り口
D75_0947


D75_0800


D75_0820


D75_0863


D75_0907


▼取材風景
D60_5156



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/5/26 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp