ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

「コスメティックとみた」へ・・・

DFD_3091


 温泉プラザ山鹿3階にある、「コスメティックとみた」へ足を運んだ。

 『キレイになりたい』は、女性にとっては永遠のテーマである。幼い頃に、母親が三面鏡を開いて、化粧する姿を見掛けたことがあった。化粧や美について縁遠い、暴れん坊の男児として生まれた筆者は、当時、照れ臭さだけを感じ、その場からさっさと立ち去った。

 女性は、周囲から見られることで、確実に美しくなる。心を磨けば、更に美しくなる。センスの良い化粧やファッション、そしてヘアスタイルがマッチすると、周囲の男性がぞろぞろとついてくるほどの夢幻の美を放つ。元々ブスだから諦めたと言ってしまえば、そこまで。常に意識をすれば、誰しも「究極の美」へと些少ながらも近づくに違いない。

 欧米へ行けば、免税店などで、色鮮やかなパフュームやリップスティックを販売しているコーナーがある。旅行から戻り、その地の香り、そして、立ち寄った店の香りなどを思い出すのが不思議だが、香りは、知らぬ間に記憶に深く刻まれのである。

 女性の永遠のテーマをサポートする、「コスメティックとみた」。チャーミングな店主やスタッフが、お客の悩みをしっかりと聞き入れ、お客にとってベストな提案をしているところを撮影している内に、男性用化粧品(資生堂)もしっかりと販売しているのを発見したのだった。最近はネット通販が多い中、コスメに関しては、実際足を運び、プロのアドバイスを受けて購入する方が安心だと感じた次第。

 次回の訪問では、「最新肌診断機器」による肌チェックの診断プロセスや結果など、詳細をしっかりと取材する予定である。



DFD_3164



▼「コスメティックとみた」Facebookページ
 https://www.facebook.com/cosmetic.tomita/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2017/5/7 12:00 am

椎の花が咲き乱れる山々(菊鹿町)

500_8572


 熊本県山鹿市菊鹿町にある、隈部氏館跡。その駐車場から南方を望むと、晴天で空気が澄み切った時は、熊本市の金峰山から長崎県雲仙の普賢岳まで見えると言う。

 残念ながら、今回も霞がかかり、金峰山の山影がうっすらとカメラで捉える程度だった。しかし、眼下には、日本昔ばなしのように、椎の花があちこちに咲き乱れる山々があり、何枚もの写真を撮影することに・・・。

 新緑の季節。このように椎の花を眼下にしたのは初の経験である。筆者は、元々山鹿市の出身ではあるものの、転勤族の家庭に育ったので、小学校を卒業し、他県の県庁所在地など、都市部での生活が殆どだった。よって、眼前に広がる景色は、「おとぎ話の世界」のようで、ほんのり癒される。

 黄金週間の最中、逆に、殆ど観光客が訪れることのない山村に足を運ぶのも、命の洗濯になるなと思い、苦笑いをしたのであった。


500_8600


500_8602


D60_3276



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2017/5/6 12:04 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp