ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

極上鰻三昧は、水前寺東濱屋で!

▼特上鰻の白焼き
SHIRAYAKI


 通い詰めて、三十有余年。明治10年創業の鰻専門店「水前寺東濱屋」は、自称グルメ通である筆者のスタンダードの一つとなっている。何方に尋ねられても、鰻であれば、間髪を入れず「水前寺東濱屋」をお薦めしている。それだけ、質も量も、立ち寄る客を十二分に満足させることができるのである。

 今回も嘉瀬川から上江津湖に向けて取材をする前に、同店に立ち寄った。車を降り、同店の目の前を通るだけで、艶やかで脂が乗った、最高級鰻蒲焼の匂いが漂っており、玄関の引き戸を開ける瞬間には、既に腹の虫がおさまらない状態となっている。

 注文したのは、特上鰻の白焼き(写真上)。最近は、白焼きを頼むケースが増えているが、白焼きの方が、通常の蒲焼と比べ、鰻自体の質や味がダイレクトに伝わってくるので、店によっては、当たり外れが多いことになる。しかし、同店の白焼きは抜群に旨い。ポン酢と山葵だけで、心行くまで極上鰻を堪能できる。

 また、数人で同店で食事をする場合、同じメニューをオーダーされても構わないが、例えば、3人の仲良しで食す場合は、一人が白焼き、一人が蒲焼、そして最後の一人がせいろ蒸しを注文されても面白い。取り皿を頂き、三種の極上鰻を、贅沢にも一度に楽しめることになるので、その満足度は筆舌に尽くし難いものとなる訳だ。

 このように記事を書き綴っていると、頭の中は鰻一色となる。深夜には毒のような話だが、まだ同店の極旨な鰻を体験されてない方は、是非、年明けにでも足をお運びいただければと・・・。


▼特上鰻のせいろ蒸し
DF1_1203


▼特上鰻の蒲焼
DF1_1213


▼レディスセット(DX)
D60_3118



◎水前寺東濱屋公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/higashihamaya/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2016/12/29 02:04 am

眼前に聳え立つ積荷!・・・

IMG_69882


 左車線から急に割り込んで来た、錆びくれたトラック。ちょっと待て、積荷が事故車か廃車か分からないが、僅かワイヤー1本だけで、こんな積み方、運び方は、道交法に抵触しないのか?積荷上の車の天井から、歩道橋最下点までの距離は僅か50cmほどしかゆとりが無く、嫌な予感がしたので、トラックとは10mほどの車間距離を開けて走ることにした。

 しかし、その後、汚いワゴン車がまた割り込んで来て、トラックにピタッと付けて走っている。このトラックばかりではなくワゴン車までが、危機感のない、常習的な安全運転義務違反者ではなかろうかと。

 蛇足だが、今年は例年になく車を走らせての取材が続いている。因みに、震災1カ月前から現在まで、14000kmほど走ったことになる。よって、走れば走るほど、危険運転を意図的に行う若者(馬鹿者)、無意識に危険行為に走る老人など、様々なタイプの危険運転者を目撃する事が多くなった。

 特筆すべきは、古いセルシオに片手運伝の老婆。助手席に座らせている孫に話しかけているのか、車が激しく蛇行を繰り返している場面に遭遇した。数秒おきに車は側溝に急接近したかと思えば、また、中央線へと不安定に尻を振りながら、速度は相当出ているのだった。道路が片側二車線になったかと思えば、そのセルシオは追越車線に飛び出すように去って行った。

 このような状況が続く限り、痛ましい事故が減る訳がない。交通事故で人生を棒にふるほど、馬鹿らしいものはないのだから。


◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2016/12/27 12:06 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp