ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

12月10日、旧細川刑部邸へ。

gyoubu1


 震災後、旧細川刑部邸の一般公開が11月25日から12月11日までと聞いていたので、10日、陽が傾きかける頃に足を運んだ。夜は、午後8時までライトアップも楽しめるようだが、所用があって、午後5時までの滞在となり、残念ながらライトアップの撮影はできなかった。

 旧細川刑部邸は、筆者にとっては憩いの場の一つ。トイレが完備されてないが、それを除けば、ゆっくりと邸内を散歩方々、撮影を楽しんだり、駐車場の車内にて撮影した写真をプレビューしたり、SNSにアップできる、安心安全な場所である。ただ、駐車料金が高めの設定なので、県外から訪れる観光客には少々不親切な気がする。

 紅葉はすでに終わりに近づきつつあるようだ。欲を言えば・・・同庭園を取材するのは、雨上がりの方が風情があり、美しい写真が撮れるので、再度、一般公開の機会があれば、雨上がりを狙って、江戸時代へワープしたいと、楽しみにしている次第。

 今回、気づいたことだが、邸内には次から次へと観光客や写真愛好家が大勢足を運び入れ、一眼レフやスマホで撮影している人ばかり。しかし、撮影のルールというか、モラルというか、マナーが全然なっていないのである。

 例えば、アングルの良い場所で、ずっと両手を伸ばしたままスマホで撮影し、1枚を写しては確認、消しては、また撮影と、延々と同じ場所から動かない。更に、人が被写体にレンズを向けて撮影中に、会釈もなく、レンズの前を遮りながら歩いたりと、自分のことしか見えない子供のような大人ばかりに、ウンザリしてしまった。これもまた、育ち、躾の問題なのだろうと・・・。


gyoubu2


▼取材ランチ:25年ぶり再会したシェフの料理
lunch


▼取材風景
nishida



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2016/12/12 12:00 am

景勝 一の谷へ・・・

404 File Not Found

 熊本県山鹿市下町の有働サイクルに立ち寄った時のこと。たまたま筆者の幼友達と同級生という女性と出逢った。そこで、余り知られていない「景勝 一の谷」の情報を頂いたのである。

 翌日、再び山鹿市へ向かい、鍋田横穴群を通り、川辺方面へと車を走らせた。迂闊にも、一度通り過ぎてしまったようだが、それから後戻りをして、やっと古びた庭(個人所有?)に辿り着いた。

 すこぶる不思議な空間である。道向かいの広場からの景観は素晴らしく、菊池川が下方に見えたのだが、一の谷の価値がどこにあるのか、全く分からなかった。

 先ずは、その庭園らしきものを撮影し、更に、車に飛び乗り、周辺の探索へ。かなり細道に入り込みつつあるので(先日のドン突き事件の二の舞の臭いがする)、畦道手前でUターンし、広い道路に出て全体を見て回わることにした。

 ガードレールはあるものの、クリスマスケーキを直角にナイフで刻んだような谷だった。ムーミン・ヴァレーのような谷である。この狭い地域に、深い亀裂のような谷が存在するのか理解不能だが、大昔の火砕流の爪痕なのだろうかと、色々と妄想モードに入り込み、結論が出ないままとなっている。

 次回、機会があれば、その名の由来や、ストーリーなどを聞き出してみようかと・・・。


ichinotani2


ichinotani3


▼取材ランチ:麺処 大番(大番らーめん)のチャーシュー麺
ramen


▼取材風景
nishida



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2016/12/11 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp