ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

相反する自然の演出

800_9991


 800回以上も前震、本震、余震が続くと、ほとんどの被災者は心身ともに疲弊してしまう。しかし、少しずつ収束に近づいているのか分からないが、怒りのような激震の中にあっても、時折、自然は穏やかな姿を見せてくれる。

 花々を飛び回っていた蝶が近づいてきたり、姿を隠していたスズメが地べたに降りたり、鮮やかな牡丹の花が咲き始めたりと・・・自然の脅威に直面しながらも、自然の癒しを受けるという、相反する自然の演出に戸惑ってしまう。

 この記事を綴りながらも、ズドン、ギチッという地鳴りや家の軋み音が聞こえてくる。馴れとは怖いもので、長い間、「熊本は災害が少なく、地震なんぞ来るはずがない。」と豪語していた矢先の激震だったので、環境が急変してしまったことになる。

 現在は、世界的なテロや原発事故があったり、大震災や豪雨による土砂災害があったりと、ここ数十年を振り返ると、最近、頓に災害の頻度が高くなっているのではないかと、危惧する次第。・・・やはり、「備えあれば憂いなし」である訳だが、できることなら、平穏無事な生活が長く続いてくれればと・・・。


800_0082


IMG_0019



reborn



◎熊本城復活宣言 Reborn KumamotoのFacebookグループ
 https://www.facebook.com/groups/reborn.kumamoto/Link

◎「熊本復活宣言」画像(14.2MB)
パソコンの壁紙、ポスターやチラシ、絵葉書などにご利用ください。下記のURLにて、自由にダウンロードできます。作品上にコメントなどを書かれる場合は、原画の改竄はできませんが、下方の芝生部分に記述スペースがありますので、ご活用ください。

http://www.dandl.co.jp/rebornkumamoto.jpgLink

         

  • posted by Chikao Nishida at 2016/4/26 12:00 am

破損しなかった瓦たち・・・

▼無傷の洋瓦

800_0081


 4月14日に発生した「熊本地震」。それから10日が経過したものの、余震は800回以上となり、今も尚、不安な夜を迎えている避難所や車中の方々も大勢いる。

 ここ数日は、余震の間隔もある程度長くなり、震度も小さくなっている。しかし、気象庁のコメントは、「まだ活発に動いているので、震度6弱が発生する可能性も高い。」との事。油断はできない状況である事に変わりはなさそうだ。

 ところで、先般、高台に上り、被害にあった瓦を超望遠レンズを使って調べてみた。これは、あくまでも私見ではあるが、この激しい揺れに対して、破損が少なく、落下のない屋根に目を向け、撮影していった。

 築20年以上、30年未満の家屋の瓦ばかりだが、私が撮影した中で、洋瓦の破損が少ないことがわかった。それも、台風19号の後に、しっかりと釘を打ち込み、漆喰などで固めたものが、無傷の状態となっている。和瓦では、針金で止めてあり落下していないが、よく見れば、細かに亀裂が入り、割れている瓦が多かった。

 このように、屋根の角度や瓦の質、止め方などによる被害の違いに・・・これからマイホームを建てる方々には、とても参考になるのではないかと思った次第。・・・備えあれば憂いなし、と言うことである。


▼無傷の洋瓦たち
800_0080


NONALNUM-ODAwXzAwNzUoMSk-E


800_0076


▼無傷の和瓦
800_0072


▼落下はないが、ヒビが入った和瓦
800_0074


800_0077



reborn


◎熊本城復活宣言 Reborn KumamotoのFacebookグループ
 https://www.facebook.com/groups/reborn.kumamoto/Link

◎「熊本復活宣言」画像(14.2MB)
パソコンの壁紙、ポスターやチラシ、絵葉書などにご利用ください。下記のURLにて、自由にダウンロードできます。作品上にコメントなどを書かれる場合は、原画の改竄はできませんが、下方の芝生部分に記述スペースがありますので、ご活用ください。

http://www.dandl.co.jp/rebornkumamoto.jpgLink

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2016/4/25 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp