ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

一杯の小ちゃなスープ・・・

DSC_2653


 昨日は熊本城マラソンも無事終了し、街中は意外にガランとしていると言う。そこで、打ち合わせ会場を熊本ホテルキャッスルとして、夕刻より街中へ向かうことにした。

 情報通り、昼間の賑わいとは打って変わって、日曜日の夜でもあり、人通りは決して多いとは言えない。よって、いつものレストランで、閉店時間午後9時半ギリギリまで打ち合わせを行い、それから11階トゥール・ド・シャトーへ移動して、最後の詰めを行った。

 実は、ランチが遅かったために、夕食時間となっても、あまり食欲がなかった。・・・ガラス張りの厨房を見ると、工藤セカンドや東山シェフらが、バイキング客以外のオーダーに対応していた。

 そこで最初にサーブされたのが、写真上のデミタスカップに入った、同ホテル自慢のコンソメスープ。たぶん、メニューにはないもので、シェフからの心尽しだろうと思われるが、大変嬉しいサプライズである。

 器は小さいけれども、そのスープの温度が絶妙で、寒い時は特に嬉しい、小さいけれどもデッカいプレゼント。筆者は、同ホテルにとって大した常連客でもないが、このような気配りが、至福のひと時を一層楽しませてくれる。

 この一杯の小ちゃなスープ・・・心の芯まで温めてくれたのだった


▼ミックスサンド、アミューズ、コンソメスープ、ホットミルク(蜂蜜添え)
DSC_2657


▼バイキングでローストビーフやオムレツをサーブする新人さん
DSC_2645


▼同ホテル11階11階トゥール・ド・シャトーから望む熊本城
night



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/2/16 08:19 am

アイスコーヒーと氷

1


 一昨日、熊本ホテルキャッスル11階にあるトゥール・ド・シャトーへ行った。そこで注文したのは、アイスコーヒーだ。通常、喫茶店で頼めば、年中飲めるアイスコーヒーでもあるが、製氷機で作られた軽くて溶けやすい、不味いキューブの氷がたくさん入っており、コーヒー自体が実に少ない場合がある。

 流石にサーブされた同ホテルのアイスコーヒーは、見るからに、美しく透明な、溶けにくい美味しそうな氷が入っていた。じっと眺めているだけで、コーヒーがじわじわと冷えて、旨そうだ。

 しっかりと喉が渇いていたが、このアイスコーヒーを一口飲むと、さっと渇きが収まり、ほっと一息つくことができた。眼前に広がる熊本城の夜景。ロマンティックな環境下で、ここ数日間をじっくりと思い起こしてみたのだった。

 先日玉名に足を運んで拝聴した、心地よい「カルマン熊本ライブ」の音楽と語り。・・・カルマンの馬頭琴とホーミーを担当するミュージシャン岡林立哉さんが、数日前に天草市で取材した放牧の写真を見て、「モンゴルで見掛けるような風景」と絶賛してくれたことなど・・・色んなことが思い出された。

 僅か数日間のことだが、何となく何年も経ったように思えて仕方がない。それだけ、同ホテルのレストランが如何に心地良いのかもさることながら、近頃の自らのアクティビティが以前と全く異なり、軽やかで明るく、躍動感が出てきたのではないかと、自画自賛してしまった次第。

 しかし、写真はいい。とても、いい。・・・皆に愛され喜ばれ、喝采を浴びるような映像を追い求めて行きたいと・・・。

2


▼カルマン熊本ライブ風景(玉名市・ちゃぶ台)・・・左から、小松崎健さん、岡林立哉さん、トシ バウロンさんの三人。
3



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                             

  • posted by Chikao Nishida at 2015/2/15 04:35 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp