ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

レンズの面白さ・・・

▼NIKON D800+50mm

CNJ_9556


 3枚の写真は、2014年9月14日に、鞠智城(きくちじょう)で取材をしたものだ。(モデルの許諾を得ている)

 写真上は、NIKON D800に標準レンズSIGMA50mmを装着してf5.6、シャッタースピード1/640で撮影したもの。人間の肉眼で見たような写真となっている。f5.6なので、後ろの建造物はボケは少なく、全体ディテールがよく写っている。

 また、2台目のNIKON Dfには、SIGMA12-24mmの超広角レンズを装着し、24mmと12mmとで撮影してみた。超広角なので、できるだけディテールがハッキリ見えるように、f8での撮影にしてみた。元々、暗い方のレンズだが、天候の良い昼間なので、絞り優先として、24mmが1/400、12mmが1/320のシャッタースピードとなった。

 広大な敷地での撮影は、どんどん欲張りとなって、周囲の全てを呑み込むような撮影をしたくなり、8mmの魚眼でも欲しくなってしまうのだ。

 なかなか面倒くさがり屋なので、三脚を持参するのを忘れてしまいがちだが、次回は、三脚を据えて、しっかりとした風景写真を撮りたいと・・・。

 モデルになってくれた女性たちは、鹿児島県から来たツアー客だった。とても人懐こくって、可愛い女性だったので、また会う機会があれば、再度モデルになって貰おうかと考える次第。


▼NIKON Df+24mm
DFD_8681


▼NIKON Df+12mm
DFD_8689



                     

  • posted by Chikao Nishida at 2014/11/11 04:24 am

写真の整理をしていると・・・

1


 これは、数年前に凄腕料理人を取材した時の料理の写真群(CANON EOS 5D MARK IIで撮影)である。

 見事な八寸の盛り付けが印象深かった、当時(ザ・リッツ・カールトン東京 ひのきざか統括料理長)の取材。高価なランチとして、個室にて試食させて頂き、オマケにご自慢のシチューも振舞ってくれた。大変、美味しかった。

 その凄腕料理人とは、新潟県出身の黒須浩之氏。現在、東京神楽坂にある、「神楽坂くろす」の店主として、時には五つ星ホテルのレストランの指導などにあたっている。

 彼の真骨頂は、何と言っても、アーティスティックな八寸の盛り付けである。勿論、「神楽坂くろす」へも二度ほどお邪魔したけれども、最後に会ったのは、昨年の2月だったろうか。ロゼッタストーン異業種交流会の先見塾東京研修会で、5人ほどで足を運び、皆が腰を抜かしたことを思い出す。

 昨夜、数時間を掛けて、数万枚の写真を整理した。一つ一つの料理の美しさや美味しさが、あたかも昨日の取材であったように思い出された次第。深夜に段々と空腹感が募ってくる。・・・近々、同店へ足を向けたいと・・・。

 ちなみに、同店は有名女優さんたちにも大変人気の和食処のようで、しばしば、弁当の依頼もあるようだ。

2


3


4


5


6


7


8


9


10



【神楽坂くろす】 〒162-0821 東京都新宿区津久戸町4-11/TEL:03-6280-8112

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2014/11/10 03:20 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp