ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

Bros.よしむら・・・創業32年

▼一段落して、我々と談笑する吉村悌二さん
yoshimura1



 吉村悌二さんは、ヒルトン東京のフレンチシェフとして修行後、独立を決意し、兄弟二人が地元熊本でフレンチレストラン「Bros.よしむら」をオープンさせた。・・・32年前の事だった。

▼Bros.よしむら公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/bros-yoshimura/Link

 当時、筆者は先輩と二人で、新聞社を午前11時半頃に出て(フライング!)、開店早々の同店ランチタイムに足を運んだのだった。・・・32年前のランチが800円。熊本市内では結構高値だったと思うが、それからというもの、毎週1回は必ず足を運ぶようになった。

 本格的なフレンチレストランではあるが、特に大評判となったメニューが、「チョップドビーフステーキ(ハンバーグ)」。・・・繋ぎの無い、炭焼きのもので、一度食べたら癖になるほどの逸品だ。それから行列のできるレストランとして、僅かな席数(9席〜10席)にも関わらず、32年もの長きに亘り、多くのファンが集うようになった。・・・よって、筆者の心の中では、「必ず紹介したいレストランの一つ」となっている。

 しかし、熊本県内で食通を豪語している人の中で、同レストランを知らない人が居るのならば、それはモグリとしか言えないほど、質は高いが敷居の低い、キラッと光る素晴らしいレストランなのである。・・・当時からの常連客は、筆者を含め、段々と歳を重ねてきているにも関わらず、我々ファンは、次第に・・・子供、そして孫、友人、知人を連れ添って、大きなファン軍団となっている。

 残念ながら、創業時に一緒だった仲の良いお兄さんは、数年前に逝去。辛かったであろうが、当時二人が夢を描き、食の喜びを我々に与え続ける優しい心は、今も変わりない。

 拘りのフレンチを我々庶民に教えてくれた「Bros.よしむら」。・・・実は、筆者のフレンチの原点は同店にある訳で、今まで書き綴った先見塾副読本の小冊子「如水」の中心的な情報源となっているのだ。

 今回、ご無沙汰をしており、気付けば1年ぶりの再会。・・・昨日、吉村悌二シェフの嬉しさがぐいぐい伝わるような料理に、心行くまで楽しませて頂いた。これからも、同シェフが奏でる「チョップドビーフステーキ(ハンバーグ)」の世界を、県内外の多くの方々へ伝えたいと・・・。


▼若い美人女性が二人。我々を忘れて話し込む吉村悌二シェフ。(苦笑)
yoshimura2


▼プロフォトグラファーである坂梨さん。スマホでの撮影が実におもろい。
yoshimura3



※NIKON Df+NIKKOR 20mm(40年もののレンズ)で撮影

【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

【オブスクラ写真倶楽部 Facebook】https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2013/12/21 02:19 am

モノトーンとタイムスリップ

rain



 最近凝っているのが「モノトーンの世界」。画素数をどんどんアップして新製品を売り込むメーカーとは逆行するものだが、近頃は、最新一眼レフに四十数年前の化石のような20mmレンズがお気に入りとなり、ひたすらシャッターを押している。

 従来は総天然色の世界を彷徨い、撮影された写真のドットが、如何に緻密なグラデーションで写っているのか、また、きちっとした輝度の差や、被写体と背景暈けの柔らかい表情、収差等々・・・あらゆるハイテクを駆使したデジタルカメラ側を最優先に考えていた筆者が居た。

 しかしながら、銘玉といわれるレンズが昔から沢山存在することに気付くと、製造中止となっているものを実際に手にして、当時の日本人が苦心して作り上げた銘玉がどのようなものなのか、その匠の技を体感したいという気持ちの方が断然大きくなってきたのは否めない。

 先般、入手したNIKKOR 20mmの超ワイドレンズ(カメラの坂梨)。モノトーンに最適という噂通り、覗き込めば、現在保有しているその他のレンズとは全く異なる時空間を感じるものである。シャープそうだが、フォーカスはやや緩く、ほわっとしている。勿論、許容範囲ではあるが、ぎちぎちとピクセルと詰め込んだ写真にはならないのである。

 コントラストも作為的にソフト制御をもって設定せず、ただひたすら、この銘玉と言われる光学機能だけに頼って撮影に臨んでいる。まあ、筆者の視力が良くない事も有り、20mmという超広角画像が広がるファインダーを覗くと、沢山の情報が詰め込まれてくる訳で、どのピンポイントでフォーカスを決めれば良いのかと迷ってしまう。

 写真上は、帰宅中のタクシーの車窓から切り取った一枚の写真。寒々とした外気が入り込みそうな冷たい雨が車窓を叩き付けてくる。硝子に付着した滴が、背景の街灯に照らされて惚けている。美しい暈けの玉とは言えないながらも、何となくタイムスリップするような感じを受けてしまった。

 また、写真下はいつもお邪魔している熊本ホテルキャッスルのレストランの一コマ。53年の歴史を持つ、熊本では名門ホテルであるが、数年前にリニューアルした同レストランの広々としたカットをこの20mm超ワイドレンズで切り取ると、昔のレストランのレイアウトがどのようになっていたのかと・・・頭の中はタイムスリップ。

 動画も大好きな筆者であるが、最近は「時間よとまれ!」と言いたいくらいの、時空間の切り取り作業に嵌まり込んでしまったらしい。・・・いやはや、写真の魅力って際限なく自分を後押しているようだ。

 蛇足だが、光進音歩の勢いで軽薄短小化を求める現代のカメラ業界。・・・筆者は、掌に鉛のようなどしっと重い塊の方が、その存在価値が有るようで仕方がない。・・・「あまり、軽くしないで!!!」・・・(苦笑)


castle



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

【オブスクラ写真倶楽部 Facebook】https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2013/12/20 01:39 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp