ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

25年前に書き綴った原稿・・・

▼イメージ写真

past1



 倉庫を整理していると、25年前に自分で書き綴った「マイツール論」など・・論文や原稿がいくつか出てきた。・・・写真下は、確か、当時のRICOHがパソコンの主力アプリケーションとして売り出していたMyToolについて原稿を依頼され、それについて下書きしたものである。懐かしかったのは、その内容もさることながら、1988年7月26日付けの印字。それは、Macintosh(Apple社製/1984年購入)を使って出力したものだった。

 新聞社の若手の殆どがNECのPCを使っていた中で、筆者独りがApple社製のMacでMacDrawやMacPaint、Sheet、Chart、Thunderscanなどを使っていたのだ。・・・まあ、当時のMS-DOSの勢いからすれば、筆者は変人、異端児だったのだろうと推察する次第。

 しかしながら、車もバイクもカメラも・・・人の趣味趣向の問題である訳で、何を保有していようが、何を使おうが、仕事の目的を達成すれば、何だって構いはしない。そうやって、異端児だった筆者が、Apple社のMacを使い続けて、既に29年が経ったと言う事になる。

 話は前後するが、上述の「マイツール論」を最初から読んでみることにした。・・・素晴らしく駄文で、稚拙な文章だ。他人様に見せられるような原稿ではないが、25年前の筆者が何を考え、何を伝えたいのかだけを拾い読みすることにした。

 導入部分のところに、媒体・・・メディアについて話をしている。「インディアンはのろしを使って敵の動きなどを知らせたり、鏡を使って太陽光を反射させ合図をしたり、また時代が変わり、サーチライトの点滅や電信の発信音で情報を伝えたりしました。・・・・」と。・・・ボキャブラリのない稚拙な文章だが、言わんとすることは、メディアの変遷について話をしたいのだろうと。(苦笑)

 そして、「AI(アーティフィシャルインテリジェンス=人工知能)について語っている。・・・畢竟、目の前のコンピュータと比較して、人間の頭脳の素晴らしさを強調し・・・視覚、聴覚、嗅覚、触覚・・・について触れ、戦略性を持った人間として、コンピュータを「セクレタリ・ツール」(私設秘書)として使えと言っているようだ。・・・かなりアバウト且つフォーカスが緩いので、表現力の無さに閉口してしまった次第。

 また、中程で、「コンピュータは、人間の頭脳に代わりに計算するCPUを、視覚や触覚の役目となるセンサーを、手の代わりにプリンターを、足の代わりに通信機能を・・・」と。読んでいるだけで腹が立ってくるが、もっと単刀直入に表現できないかと拳骨を叩きたくなった。(苦笑)

 よって、25年前の筆者が言いたかった事は、多分、以下に集約されると思われる。

1)AI(人工知能)がいくら発達するとしても、人間の頭脳に勝るものはない。
2)メディアがどんどんと進化している中で、情報の形は変わろうとも、価値は同じ。
3)戦略的発想をもってパソコンをフルに活用せよ。
4)アプリを上手く使って、パソコンを私設秘書のように使いまくれ。

 当時は、まだまだインターネットという概念さえ日本にはない時代である。しかし、25年前の筆者を一つだけ褒める事ができるとすれば、「足の代わりに通信機能」を語り、当時の日本電信電話公社(当時は有能だった/現在のNTT)の企業通信システム本部ブレインズ(東京霞ヶ関)とされる方々にコンタクトを取り、更に通信事業を探究し・・・300ボーレートという超鈍足モデムを使用しながら、実際に通信の実験を趣味の領域でやっていた点であろうか。

 1988年に通信に目覚め、1990年に新聞社を経て、起業。マルチメディアオフィスを創設。そして、1995年に熊本県内で初のポータルサイトを開設したのだが・・・。今振り返れば、「三つ子の魂百まで」と言われるように、過去の筆者のアクティビティのどこかに「通信事業の夢」が存在し、知らず知らずの内に自分なりに温めてきたのだろうと・・・。

 しかし、駄文を読むのはしんどいというのが、よーく分かった一日であった。(苦笑)


▼1988年7月26日に書き綴った原稿
past2



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

【オブスクラ写真倶楽部 Facebook】https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2013/12/24 03:04 am

おもろいピアニスト!

pianist



 起業して23年・・・当初から現在まで、長きに亘って利用させて頂いている、熊本ホテルキャッスル1階の会員制クラブ エルドラード。

 思い起こせば・・・ボジョレヌーボー解禁の時に特注10リットル樽を開けたり、弊社の入社試験(県内外から大学生が15人ほど集まった)を同クラブで開催したり、閉店になっても居座って更にスタッフを自宅へ招待し夜明けまで話したりと・・・はちゃめちゃな筆者の我が儘を聞き入れてくれるお店の一つでもある。

 そこに名物ピアニストが居る。(筆者の友人だが、敢えて、氏名は伏せることに。)・・・勿論、プロピアニストでもあり、二十数年前にMacintoshを無理矢理勧めたのは良いが、今では作曲などもサクサクとパソコンでやってしまうほど凄腕になっている。

 筆者が同店に入ると、必ずテーマ曲?を弾いてくれる。いつ私のテーマ曲になったのかは定かではない。しかし、当初、イーグルスのホテルカリフォルニアの話題となり、それがそのままテーマ曲となったのではないかと・・・!?。

 実は、筆者が大ファンなのは、サイモン&ガーファンクル。大した事は無いが、大抵の曲はギターで弾き語りができる。・・・それを知ってか、先般同店に久し振りに足を運びピアノカウンターに近寄ると、そのおもろいピアニストが、「じゃ、やりますか?歌ってみてえ!・・・えーっと、これ分かりますか?」と、いきなり弾き出して、歌わされる事になった。

 一曲程度ならと、背後に居るお客を気にしながら、スカボローフェアを・・・。やっと終わったかと思えば、しかし、彼の手が止まるような気配は全く無い。・・・その後、明日に架ける橋、サウンド オブ サイレンス、そしてポールアンカのダイアナまで・・・。どっと疲れてしまった。(苦笑)

 筆者の手には楽譜も歌詞もない。それなのに「さあ、この曲どうですか?」と言われると、真剣に彼のアドリブが効いたイントロに耳を傾けてやらねばならない。昔流行ったイントロ当てクイズのようで・・・。まあ、それまで友人とフレンチコースをがっつりと食べていたので、丁度腹ごなしにはなったようで、歌った後・・・また、小腹が空いて来たのであった。

 仕組まれた罠をやっとかわして、ソファーに戻った。「What a relief !」。・・・その後、そのピアニストは筆者の横に来て、アイスコーヒーを頼み、またまたおもろい話をしていたのだった。

 鴛鴦夫婦で知られる、同ピアニスト。このピアニストを目当てに同店に足を運ぶ熟年層も多い。時には、ピアノカウンターが全部埋まってしまい、大合唱しているお客も居た。・・・しかし、世代が替わって来たのか、最近は元気溌剌とジャミングしたり合唱したりする方々の姿を見なくなったような気がしてならない。

 人生って、長いようで短いのだろうと・・・。


castle2


castle3


castle4



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

【オブスクラ写真倶楽部 Facebook】https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2013/12/23 12:15 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp