新着情報
新着情報

スイスの名門ブランド、オリス。
コストパフォーマンスに優れ、自社開発ムーヴメントも続々登場するなど、スイスの時計メーカーの中でも時計好き玄人好みのブランドとして有名です。
そんなオリスですが、人気があるために並行輸入品も数多く見かけます。
ところが、正規品新品と並行品ではアフターサービスに大きな差があるのをご存知でしょうか?

オーバーホール基本料金
手巻き¥45,000(並行輸入店でご購入の場合)¥25,000(正規店でご購入の場合)
自動巻き¥45,000(並行輸入店でご購入の場合)¥25,000(正規店でご購入の場合)
スケルトン¥63,000(並行輸入店でご購入の場合)¥35,000(正規店でご購入の場合)
フライトタイマー¥63,000(並行輸入店でご購入の場合)¥35,000(正規店でご購入の場合)
アラーム¥63,000(並行輸入店でご購入の場合)¥35,000(正規店でご購入の場合)
ジャンピングアワー¥63,000(並行輸入店でご購入の場合)¥35,000(正規店でご購入の場合)
ワールドタイマー¥72,000(並行輸入店でご購入の場合)¥40,000(正規店でご購入の場合)
ムーンフェイズ¥72,000(並行輸入店でご購入の場合)¥40,000(正規店でご購入の場合)
クロノグラフ¥72,000(並行輸入店でご購入の場合)¥40,000(正規店でご購入の場合)
その他お見積り
電池交換クォーツ¥9,000(並行輸入店でご購入の場合)¥5,000(正規店でご購入の場合)
見積りキャンセル料¥2,000
※内装パーツ交換、パッキン交換は分解掃除に含まれます。
※内装パーツ交換にて分解掃除に含まれず、別途有料となる内装パーツも場合もございます。予めご了承ください。
※内装パーツ交換にてローター交換が必要な場合、ローターの仕様が予告なく仕様変更となる場合がございます。
※ガラス交換、文字盤・針交換、リューズ交換等の部分修理の際は、取付技術料が別途ご請求となります。
※本国指示により内外装パーツの仕様が変更となる場合がございます。予めご了承ください。
※本国指示により国内への部品供給がない場合は、スイス修理見積もりとなります。

メンテナンス費用は定期的に必要となるもの。車に例えるならば車検みたいなものですね。
どんな時計でも5~6年で機械油が蒸発してしまうため、正確な動作やトラブルを避けるためには仕方がありません。
長い期間で見た時、正規店で購入した方がお得だと断言できる理由です。

これは、メンテナンス用の部品は当初出荷された国のサービスセンターに割り当てられているため、
並行輸入品のメンテナンスを行う場合は部品を別途手配しないといけないためと言われています。
ブランドによっては並行輸入品の修理を受け付けないサービスセンターもありますので注意が必要です。

さらに、正規店で購入した場合は保証内容が変わってきます。
通常のモデルであれば、正規店で購入の場合、国際保証2年に1年追加の3年保証。
自社ムーブメント110~115搭載モデルの場合は国際保証2年+3年の5年保証。
最新モデルのキャリバー400搭載モデルに至っては国際保証2年+8年の10年保証!!
対して並行輸入品の場合は保証書が発行済みの為、発行日から2年間の保証しかありません。
したがって保証期間は2年未満となります。

特に話題沸騰の最新モデル、アクイスデイトの5日間巻はキャリバー400搭載。
正規品の場合は10年保証という非常に長い保証が付きます。間違いなく正規品新品がおススメですよ!

 

  • posted by ソフィ・タカヤナギ at 2020/11/8 04:51 pm

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

髙栁時計宝飾店

髙栁時計宝飾店からの新着情報です。クリックして続きをご覧ください。〜創業120有余年 髙栁時計宝飾店〜

top