ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 地産地消

今週の週替わりランチ・・・

▼チキンのスパイス焼き 茸とマスタードのソース
850_0753


 連休明けに、ダイニングキッチン九曜杏(熊本ホテルキャッスル)の週替わりランチを取材することにした。

 先ず、今週のシェフランチ(写真上)だが、チキンのスパイス焼き 茸とマスタードのソース (本日のスープ、ミニサラダ、パン又はライス、コーヒー付き)になっていた。

 ボリューム満点にて、お昼からビールを飲みたくなるほど、刺激的である。実は、先々週の流れを考えれば、「グリーンオムライス」、「レッドオムライス」、そして今週は「ブラックオムライス」と予測していた。

 蓋を開けてみると、フェイントを掛けられ、今週のシェフランチが、チキンのスパイス焼き 茸とマスタードのソースとなっている。正直なところ、3週続けてのオムライスよりも、逆に期待外れで良かった。

 また、パスタランチ(写真下)は、ビーツと生ハムのパスタ(本日のスープ、サラダ、日替わりパン、コーヒー付き)。ビーツが色鮮やかいして、アーティスティックな料理で、十分すぎる量にて、大満足のアルデンテである。

 週替わりのランチをシェフたちが考えるのは、頭の痛そうな作業だが、「翌週は何が出るかな?」と考える客は楽チンそのもの。ただ、長年通っていると、グランドメニューとの組み合わせも、段々と難しくなってきているのは否めない。


▼ビーツと生ハムのパスタ
850_0746


▼いつもコンソメスープだが、今回はパンプキンスープに!
850_0736



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                                 

  • posted by Chikao Nishida at 2019/9/25 02:09 am

牛タンシチューに嵌まり込む・・・

▼ダイニングキッチン九曜杏の「牛タンシチュー」
gyutan


 台風17号が九州大接近しそうだが、午後から、どうしても熊本ホテルキャッスルへ行かねばならぬ。

 ランチを何にするか考えもせず、同ホテル1階にあるダイニングキッチン九曜杏へ。時刻が午後1時半過ぎていたので、ワイワイガヤガヤが、一瞬シーンと静まり返ったレストラン。

 ガラス窓越しに厨房を見ると、忙しかった様子が窺い知れる。午後2時から会議を控えていたので、「またですか?」と苦笑いされると思いつつ、牛タンシチューとパンをオーダーすることにした。

 本日も、ブレもなく、分厚く柔らかい牛タンに舌鼓。ドミグラスソースは、パンで掬いながら、お皿を綺麗に掃除して完食。焙じ茶を飲み、腕時計を見ると、午後2時前2分・・・続けて会議突入となる。

 会議は濃密なものにて、1時間の会議が無事終了した。見えるもの見えないもの、色々と課題は残るものの、美味しい食後の会議は、やけに楽しい。多分に、美食が脳を「ふわふわ状態」にしたのだろうと。

 会議後にふと思い出したのだが、十年ほど前のカレーライス。当時の料理長に「1万円カレーを作ってくれないか!?」と依頼して、黒毛和牛の牛タン極上カレーを作ってくれ、皆、3杯ずつ食したのである。

 なるほど・・・ここまで癖になるような牛タンシチューがあるのだから、オリジナル牛タンカレーをグランドメニューに埋め込んでもらえれば、毎日でも楽しめることになる。

 現在の料理長がこの記事を読むかどうか分からないけれども、次回会う時に、牛タンカレーについて探りを入れてみようかと・・・。(期待大)


600_0469



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                                 

  • posted by Chikao Nishida at 2019/9/23 01:15 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp