ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 五位鷺

八景水谷公園のカイツブリ・・・

GREBE-20211214-001


 黄色に黒眼(くろまなこ)。遠目ではとっても可愛いが、ズームで拡大して見ると、デビルのような怖い目をしている、カイツブリ。漢字では「鳰(かいつぶり)」と書く。ガタイは小さいが、かなり気が強い野鳥であるようだ。

 本日も簡単なランチを済ませ、曇り空を仰ぎながら、再び八景水谷公園へ足を運ぶことにした。毎日続く「ICTスキルアップ研修会」のレクチャーを行い、研修生へ情熱をぶつけて、頭の中は次の教材のことでグルグル回っている。

 よって、野鳥の撮影にてストレス解消と思いつつ、持ち込んだのはデカくて重い一眼レフと超望遠レンズ。重量は赤ちゃんの重さほどあり、それを手持ちにて公園歩道を歩き回り、蹲居(そんきょ)の姿勢にて撮影しなければならない。

 すばしっこいカイツブリのダイブは、瞬きする暇もないほど、一瞬にして入水する。この一眼レフでは、1秒間に10コマほどの撮影能力しかないので、カイツブリが入水するまで、例えば半秒掛かるとすると、4〜5枚ほど撮影できれば御の字。

 予想通り、何度か連写をしてみるが、4枚ほどしか撮れていない。それでも、カイツブリの体の上の水玉を見て、その撥水力の凄さに驚き、最後の尻尾が見えなくなるまでの一瞬間を撮影できるだけでも、心の中は異常に燃えてくるのである。

 ただ、水面から無数の小魚が跳ねるのが気になるので、カイツブリの撮影の合間に、ガムシャラにランダムに水面エリアを選び撮影に専念。今回は、2000分の1秒のシャッター速度で、1枚だけ小魚の頭を捉えることができた。残念無念。

 僅か数センチの小魚をカイツブリやカワセミが狙っているところを捉えたいが、三脚や折りたたみ椅子を持参してまで撮影に傾注する時間はない。笑ってしまったのは、ランダムなガムシャラ撮影にて、SDメモリが「Full」となってしまったことである。

 勿論、予備のSDカードもあるけれども、下手な鉄砲数撃てば当たるとはならなかったのが悔しいところであった。野鳥を追い出すと切りがなく、気づけばジャケットの中はサウナ状態。寒空の下、このままでは風邪を引くので、さっさと退散することに。

 可能であれば、1秒間に120コマ撮れる、化け物ミラーレス一眼レフが欲しいものである!!!(苦笑)


GREBE-20211214-002


GREBE-20211214-003


GREBE-20211214-004


GREBE-20211214-005


----------
ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2021/12/15 12:00 am

威風堂々たる小鷺(こさぎ)・・・

little-egret-1209-001


 今日もまた、八景水谷公園である。木陰は寒いが、日向は春のような気持ちの良い1日だった。

 簡単なランチを済ませ、毎回水の科学館にお邪魔するが、必ず手指消毒をして、入場用紙を書き上げて、体温を測るシステムとなっている。これまで何回書いたことか分からないが、正直なところ、検温と手指消毒は理解できるが、記入する紙は少々勿体無いような気もする。

 話は外れてしまったが、今回は、日頃から脇役ばかりの小鷺を中心に撮影をすることにした。大鷺や中鷺よりも警戒心が強く、近づけばさっと飛び去るのが小鷺である。しかし、今日は天気が良いのか、お腹が空いているのか、こちらのことを気にもせず、ずっと獲物を追っていた。

 小魚やエビなどを突いている。時折、足を微妙に振動させ、小魚やエビが浮き上がるところを、一瞬にして捕らえてしまう。秒殺どころの騒ぎではない。瞬きもせず目を開いて見ていても、小魚を口に入れる瞬間は肉眼ではなかなか確認し難い。小物ばかり狙うので、何度も何度も突き廻る。

 小鷺をここまで大きく捉えたことはなかったけれども、やはり、祖先は恐竜。目は大鷺や青鷺と同じく、かなり鋭い。あの眼球の動体視力は相当なものだろうと、いつも感心してしまう。カワセミもそうだが、よくもまあ、水面に突っ込んで小魚を瞬時にゲットできるものだと。

 同公園は月曜日が定休日なので、火曜日から日曜日にかけては子連れ又はペット連れの女性、ウォーキングを楽しむ老夫婦、カワセミを子供のように追いまくる高齢アマチュア写真家などが大勢訪れる。広場ではゲートボールを楽しむ老人もいて、湧水池は、皆の憩いの場となっている。

 蛇足ながら、同公園の問題点は道路インフラである。熊本市らしいと言えばそれまでだが、施設があっても、そこまで行き着くのに、県外の人は戸惑ってしまうところが想定外に多い。観光客を安心安全に導くには、今の道路行政を抜本的に見直す必要がありはしないかと・・・。


little-egret-1209-002


little-egret-1209-003


little-egret-1209-004


little-egret-1209-005


little-egret-1209-006





▼まったりしている鴨
little-egret-1209-007


----------
ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2021/12/10 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp