ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » レストラン

パスタ三昧・・・いやあ、パスタは旨い!

1


 ほぼ毎週ランチで食す、ダイニングキッチン九曜杏(熊本ホテルキャッスル)のパスタ。或る時はロング、或る時はショート。時には平麺が欲しくなる。そして或る時はあっさり目、或る時はこってりと・・・。

 唐突だが、今年になって食したパスタの写真の中から、ランダムに選び、一部を掲載することにした。中でも印象深かったのは、馬肉ミンチのパスタとイカ墨パスタだろうか。いや、ウニもキノコも捨て難い。

 パスタ麺は、話によるとイタリアには約2万種類もあるそうだが、パスタ麺とそれに使うオリーブオイルによっては、全く別物のように旨くなる。(現在、調査中!)

 或るイタリアの料理人が、「日本はパスタを茹で過ぎだ。アルデンテの方が消化が良い。何故、米を熟成して食さないんだろうか。リゾット専用の米などは、1年から7年も熟成したものが旨い!」と言う。

 なるほど、ネットで調べ、人に聞き、パスタの最高峰には辿り着いたが、それは、見ただけで全く違う。リゾット専用の米も、2.5Kgで5,000円を超える。しかし、オリーブオイルについては、まだ結論が出ていない。

 何はともあれ、同レストランのパスタを何キロ食したか記憶にないが、来年からはもっと「進化」するのではなかろうかという予感・・・。予感が的中すれば、パスタ三昧に浸る日々が延々と続くのだろうか・・・。

 しかし、イタリアには元々ナポリタンというパスタは無いので、それは外した方が良さそうだ。


2


3


4


6


7


8


9


11


12


13


15


16


17


21


25



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2019/12/3 03:21 am

熊本県産赤牛のシャトーブリアン・・・

DFD_9145


 数年前まで、(財)日本鉄板焼協会(京都が本部)の特別顧問兼広報戦略担当を仰せつかっていた時期があった。東京ではザ・リッツ・カールトン東京、旧ホテル東急(赤坂)、吉兆東京<すき焼き>、鉄板焼ステーキとみい(浅草)、京都ではホテルグランヴィア京都、大阪では帝国ホテル大阪、神戸ではホテルオークラ、博多ではホテルオークラ福岡、シーホーク福岡、沖縄では鉄板焼ステーキレストラン碧など、都市部にある高級鉄板焼レストランを中心に取材を敢行した。勿論、全て自費にて全国を行脚したので、大層な経費が掛かった。(協会からの補助金など一切無い)

 よって、黒毛和牛A5の極上ステーキ・・・門崎丑、松坂牛、神戸牛、佐賀牛、栃木産の和牛、天草黒牛などなど、美しすぎるほどの霜降り和牛を、目一杯食して行った。因みに、高級鉄板焼レストランは、和洋中など多種多様なジャンルの鉄板焼がある。スタンダードなステーキもあれば、しゃぶしゃぶ、すき焼きと、食し方も様々であり、「ホテル文化と食文化」をコンサルする筆者としては、僅か数年間ではあったが、すこぶる学ぶべきことは多かった。

 取材の中で、素晴らしい和牛のステーキ肉との出逢いは数限りない。しかし、今回、熊本ホテルキャッスルのダイニングキッチン九曜杏にて、2ヶ月ぶりの「二人グルメ会(友人との情報交換会)」を開催するに当たり、同レストランの工藤料理長が「熊本県産赤牛のシャトーブリアン」を仕入れてくれたのである。同会開催日は、残念ながら同料理長が公休日であり、写真下の堀部セカンドが担当することになった。

 ガラス張りの厨房を覗き込むと、日頃と異なる緊張感が伝わってくる。実は、我々が食すまで、厨房内で焼かれているステーキ肉が、その「熊本県産赤牛のシャトーブリアン」とは知らされず、多分に、サプライズとして、我々が腰を抜かすことを想定してのことだったのだろうと。十数分して焼き上がった「熊本県産赤牛のシャトーブリアン」がサーブされてきた。

 左手に座っている友人が、「これは、旨い!いやあ、これは凄いですねえ!」と、ナイフとフォークの動きが止まらない。筆者は色見マネージャーと少々話し込んでいた矢先だったので、その「熊本県産赤牛のシャトーブリアン」の試食に乗り遅れてしまった。既に、友人は半分を呑み込んでいる。先ほどの友人の言葉を思い出しながら、ナイフとフォークを手に取り、切る瞬間に、凄い肉であることに気付かされた。

 しかしながら、その段階まで、厨房からは「熊本県産赤牛」までは聞かされてはいたが、筆者が最後の一切れを口に含んだ頃に、何やら、堀部セカンドがトレイに肉を乗せてやって来た。「本日は、料理長が厳選したレアものの熊本県産赤牛のシャトーブリアンをご準備しました。如何だったでしょうか!?」と。表情は、ご覧の通り「どや顔」である。・・・正直、「してやられた!」。

 黒毛和牛のシャトーブリアンは何度も食したことがあるが、この「熊本県産赤牛のシャトーブリアン」は初の体験である。県産だからと言って依怙贔屓するものではなく、「筆舌に尽くしがたいほど、旨い!」の言葉しか出ない。意表を突かれ、まんまと罠に掛かったことを認めざるを得ない。もし、同レストランが「熊本県産赤牛のシャトーブリアン」を安定供給できるのであれば、熱狂的なステーキファンが急増するのではなかろうかと・・・。

 遅ればせながら、「熊本県産赤牛のシャトーブリアン」の詳細だが、「霜降りも繊細で程良く、あっさり優しく、味わい深い。岩塩と山葵だけで、その他ソースなど不要の極上肉。」というものであった。


DFD_9172


DFD_9154



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2019/11/28 02:38 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp