ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ペット

ニャン撮り、成功!

CAT1


 猫さまは世界的に人気のペット?だが、取材中に、写真のような猫さまに遭遇することがよくある。この猫さまは、とても裕福なところで餌付けされている野良猫のか、飼い猫なのか分からないが、膨よかにて毛並みも良い。人馴れしているので、マクロレンズをぐっと近づけても、警戒する様子もない。よって、ニャン撮り成功である。

 ワンちゃんは飼ったことはあるが、猫さまは一度もない。爪研ぎして家具などを痛めることもあろうかと、心配が先に立つ。「犬は人に付き、猫は家に付く」(犬は家人に懐き、引っ越してもついて行くが、猫は人よりも建物や場所に馴染む。)と言われるが、どちらも表情や動きを見ているだけで面白く、とても可愛い存在である。

 人も猫タイプ、犬タイプに分かれると言う人がいる。どちらかと言えば、犬タイプの人を信じてしまう。方や、猫タイプの女性は苦手だ。夜の巷にて、猫タイプに騙される快感を期待する男性も多いとか。怖い話も、ワンちゃんが主人公の話は皆無に等しく、猫さまの話は沢山存在する。しかし、元々可愛いのだから、化けて出ぬように願いたい。


CAT2


CAT3


CAT4



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2019/10/24 02:45 am

煮干し嫌いの猫が・・・

800_0113


 先日、八景水谷公園駐車場のど真ん中に、猫が座り込んでいた。力なく、人が近づこうが、車が入って来ようが、全く動く様子もない。

 たまたま持ち合わせていた煮干し(塩分の少ないもの)を与えると、最初は臭いを嗅ぎ、一口食べると、あとは御構い無しにムシャムシャと、周囲に警戒することもなく、完食して行った。

 そして、昨日、雨の中、どこから現れたのか分からないが、甘えた声を出して近づき、足に纏わり付いて来たのだった。二、三ヶ月前に出会った数匹の猫たちの一匹。以前は、煮干しが苦いのか、口にしなかった記憶がある。

 ところが、震災により、いつも餌付けをしていたご老人が、餌を与えなくなったのだろうか。少々腹部は凹んでおり、背骨が少々目立っていたようにも感じた。

 煮干しを持つ手を下げようとするや否や、猫の方が二足立ちになって、「ニャーーー♪」と鳴きながら立ち上がった。さっと煮干しを与えると、またもやムシャムシャカリカリと完食である。煮干しの残りをすべて与えて、車の中で待つことにした。

 暫くして、車のドアをちょっと開けて様子を見ると、今にも運転席の足元に入り込もうとする猫がいた。可愛らしいが、自宅に持ち帰ることはできないので、「またね!」と言って、その場を立ち去ることに・・・。

 耳にはカット傷があるので、去勢しているのだろうけれども、猫たちも震災で普段の生活の歯車が狂ってしまったのだろう。振り返れば、ちゃんと水飲み場に足を運び、グビグビと、猫にしては長い時間顔を突っ込み、八景水谷のおいしい水を飲んでいたようだ。

 では、また、近いうちに!

800_0114


800_0115


800_0116


800_0117


800_0241



◎熊本城復活宣言 Reborn KumamotoのFacebookグループ
 https://www.facebook.com/groups/reborn.kumamoto/Link

◎「熊本復活宣言」画像(14.2MB)
パソコンの壁紙、ポスターやチラシ、絵葉書などにご利用ください。下記のURLにて、自由にダウンロードできます。作品上にコメントなどを書かれる場合は、原画の改竄はできませんが、下方の芝生部分に記述スペースがありますので、ご活用ください。

 http://www.dandl.co.jp/rebornkumamoto.jpgLink

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2016/4/27 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp