「旬」・・・面白い生い立ち

旬



 「旬」という文字は元々十日という意味らしい。十日と続けて書いて「旬」という文字になったのである。

 上作品の「旬」は古代文字と言っても良いのだが、日の部分がグルグルと巻いているのは、龍の尻尾であると物の本で読んだことがある。・・・何と不思議な文字だろうと思いつつ、漢字の生い立ちやその構成を知ってしまうと、いい加減な書き方は出来なくなってくる。

 「旬」・・・現在、マイブーム的な文字として、より進化させたものを書いてみようかと目論んでいる次第。

【ポータルサイト】 http://www.dandl.co.jpLink
【Facebook】 https://www.facebook.com/dandlcojpLink
【twitter】 https://twitter.com/chikaonishidaLink
【USTREAM】 http://www.ustream.tv/channel/dandlLink

posted by 親生 at 2012/12/28 04:26 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

水書きグーの色の消え方・・・

霞



 透明な水で書いたのに、真っ黒の墨の文字に見えてしまう、不思議な「水書きグー」。

霞



 ほら、消えてきた。^^

霞



 段々、何の字か分からなくなる。

霞



 十分ほどすると、字が消えてしまう。・・・ドライヤーで乾かすと、もっと早く練習できる!!^^

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link
【ロゼッタストーン異業種交流ポータルサイト】 http://www.dandl.co.jp/Link
【D&L USTREAM チャンネル】 http://www.ustream.tv/channel/dandlLink

         

posted by 親生 at 2012/12/27 11:36 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

「老」・・・美しく老いたい!




 どんなに小さな赤ちゃんも・・・生まれて直ぐに老いへ向かって歩んで行く。どんなに元気で若い人も、気づかぬ内に・・・いつの間にか思った以上に加速度を上げて老いて行く。

 美しく老いるか、汚く老いるかは、その人次第。老いは、その人の人生の刻印のようなもの。歪んだ心は、汚く老いてしまう方向へ遠慮無く引っ張り込んで行く。澄んだ心は、可愛く美しく老いる方向へ優しく誘(いざな)ってくれる。

 老いは、必ずあなたにも筆者にも訪れる。・・・同じ老いなら、美しく老いた方が良い。

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link
【ロゼッタストーン異業種交流ポータルサイト】 http://www.dandl.co.jp/Link
【D&L USTREAM チャンネル】 http://www.ustream.tv/channel/dandlLink

         

posted by 親生 at 2012/12/27 11:05 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

水書きグーって、面白い。


 先見塾BASICで、実験しようとしていた「水書きグー」。

 左手にiPhone5、右手に筆持って、書いてみたが・・・面白い。

 しかし、乾くまで時間が掛かるので、ドライヤー持参が良いかなと。^^

         

posted by 親生 at 2012/12/27 03:46 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

「竹」・・・竹で描く竹

竹



 今回の作品は「竹」。竹を用いて竹という文字を表現してみた。

 実にシンプルな形状だが、竹という文字は6角である。それも、2角目と5角目は横向きなのだ。・・・さて、竹の節の連続で、自然な竹のイメージが出せるか否かが、今回の大きな壁となった。

 2、3番目の節と5、6番目の節を微妙にずらさねば、本来の竹の文字のイメージは出てこない。この作品も十数枚の半紙を無駄にしたものの、イメージ的には和洋折衷のアートな作品になったのではないかと自負する次第。

 実はこの作品は先の作品「生」と同じく、現在、お嫁入りの準備をしている段階。注文された老舗店主やその女将の目の付け所は、「生」と「竹」のアイキャッチと独特な雰囲気がお気に召したとの事。

 作品が多くの方々に賞賛されるのは、若輩者の作家として何より嬉しくもあり、励みになる。しかし、嫁入りとなると、何となく手元から離れて行く瞬間、すこぶる寂しさを覚える次第。・・・これからも、日々精進して、多くの方々の心を和ませるような制作に傾注したいと考える次第。

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link
【ロゼッタストーン異業種交流ポータルサイト】 http://www.dandl.co.jp/Link
【D&L USTREAM チャンネル】 http://www.ustream.tv/channel/dandlLink

       

posted by 親生 at 2012/12/27 01:46 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]