細微長々峰の筆・・・これは、穂先が75mmの長い方に属する細筆。山羊の繊細な筆の感覚はたまらなく良いが、運筆を上手くやらないと、ぼとぼとと墨液が滲み落ちてくる。細微長々峰の筆となると、安くても1本1万円は下らない。