ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » the rosetta stone

あっと言う間の18年・・・

rosetta1



 ネット事業を本格的にスタートしたのは、1995年8月22日の事だった。熊本県内では、まだまだインターネット、ホームページ、メールなどという言葉が物珍しく、国内でも全く浸透していない時代である。・・・しかし、最先端技術に明るい経営者達は、勿論、インターネットに興味を抱き、そのグループや団体からの個別講演依頼が相次いだのであった。

 そのような中で、海のものとも山のものともつかぬインターネットに大胆不敵に着手した訳だが、今思い起こせば、大胆不敵どころか、「博打」に近いものでもあり、高額なインターネット専用サーバーやダイヤルアップシステムを導入した頃の筆者は、「世の中を変えるであろうこのメディアに、命を掛けるぞ!」と言い聞かせながら、日々HTMLの研究を行い、スタッフと毎日のようにミーティングを重ねつつ、コンテンツ作りに邁進していた。

 そういった思いを凝縮させたのが、写真上下の「ロゼッタストーン」のパンフレットなのである。実は、先ほど倉庫を整理していて、ぴょんと跳びだして来たので、僭越ながらご紹介しようと考えた次第。・・・これは、インターネット黎明期における、筆者の思い出深いパンフレットでもあり、僅か4ページのパンフレットだが、印刷費だけでも96万円ほどを掛けて、ネット事業を本格始動して行ったのであった。

 WWW(WORLD WIDE WEB)、E-MAIL、HOME PAGE・・・と、一般の方々には奇妙な暗合のように思われたネットの世界。当時は、電子カタログとか、電子マガジンとか、筆者なりに新造語を放っては、全国各地へ東奔西走していたのだが、正直なところ、大手航空会社や旅行代理店などからの打診も実際にあったものの、熊本を基盤として展開していた弊社にとっては、大変不利な展開を余儀なくされたのであった。

 先ずは、熊本というロケーションもその理由の一つになる。一番厄介だったのが田舎の石頭経営者達の誹謗中傷の雨霰であった事を、昨日のように鮮明に覚えている。・・・「オウム真理教の人物じゃないか!?」、「まあ、西暦2000年になったら参加しても良い!」、「あの会社の御輿を担ぐ必要は無い!」、「あいつらは単なる業者に過ぎない!」などと、予期もせぬような文言が頭上を飛び交っていたのが、当時の熊本県であったのだ。

 今思い出すと、石頭族の言葉は無責任でもあり、法的にも偽計業務妨害、名誉毀損の裁判沙汰になるような嫌がらせというトラップが沢山眼前に仕掛けられていたような気がしてならない。それこそ、「見えない敵との闘い」なのである。・・・筆者としては、数千万円のリスクを背負ってネット環境を整え、何とか地元である熊本県内を新たなメディアの発信基地として育てたいという強い情熱を持っていたつもりであったが、空転、そしてまた空転の毎日であった。よって、段々と遣る気が失せてくるのも否めない状態に陥ってしまった。

 しかし、「遣ると決めたら遣り通す。」・・・これが筆者の信念なので、気付けば18年以上が過ぎた現在でも、1995年に産声を上げた異業種交流サイト「ロゼッタストーン」が存在している。・・・愚痴ばかりを語っているように感じられるかも知れないが、助成金や補助金、融資も全く受けずに、一匹狼で遣り通している自分が、可哀想に思えたのであった。

 某村のホームページを全国初のものとして立ち上げようとすると、大きな予算を遣って、県内市町村を総まとめるようなサイトを行政が推進する始末。民需圧迫も甚だしいが、いくら行政や商工会議所などの公的機関と言えども、心中、穏やかではなかった。資金力では圧倒的に不利な中小零細企業の弊社。鼠が象と闘うようなものである。・・・しかし、負け戦はしたくもない。

 現在でも同じ事だが、予算が余ると、無駄に無意味なサイトがちょろちょろ立ち上がっては消え、維持管理費という名目が立てば、できレースの中、妙なカテゴリー化された似非ポータルサイトが浮いては沈んで行くのである。この馬鹿げた繰り返しが、地方の実体なのかも知れないが、いくつかの自治体では、Facebookを公式サイトにすると断言するようなところも出て来ている。・・・本末転倒も甚だしい。

 「只より高いものはない!」・・・いつぞや、無償サイトのサーバーが大クラッシュをして、数万件のホームページが飛んで無くなった事もある。・・・兎角、日本人の「新しい物好き精神」は、下手をすると、大きく歪んだベクトルで右へ習いとして一斉に動く事も多々あり、一度乗せられてしまうと、曲解に曲解を続け、最終的には何も役立つ事がなかったで終わるケースが後を絶たない。・・・そして、「責任の所在」が全く無いのも不思議な現象でもある。

 ネットに着手して18年。・・・あっと言う間の出来事のようだが、その18年が二倍、三倍にも長かったような気がしてならない今日この頃である。・・・さて、まだまだ続くであろう闘いの日々。・・・次の差別化戦略は!?・・・先ずは、切れ味の良い若手の育成であろうかと!?

 最後に・・・悶々としていた当時、唯一救いだったのが、当時の日銀熊本支店長の言葉であった。それは人伝に聞いたのだが・・・「ロゼッタストーンをよく見ているんですよ。なかなか役立つ情報があって、面白い。」と・・・。すこぶる嬉しかった。


rosetta2


rosetta3



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2013/11/26 05:03 am

水前寺東濱屋

▼水前寺東濱屋の特上鰻重 http://www.dandl.co.jp/higashihamaya/Link

higashihamaya



 何度も何度も、Facebook上で行きたい行きたいと言っては、最近、足を運ぶことができなかった水前寺東濱屋。・・・同店は鰻専門店として百四十年の歴史と伝統を誇る。熊本の顔と言っても過言では無い。・・・筆者が通うようになって既に30年が過ぎた訳だが、いつ行っても、その極上の味は不変のもので、勝手ながら筆者の鰻料理のスタンダードとなっている。

 本日は時間に余裕が無かった為に、事前に特上鰻重弁当を予約し、ちょうど正午頃に受け取りに行ったのだった。受け取った弁当を車の座席にそっと載せ、「さ、エンジンスタート!」と思った筆者だが、いつの間にか、吸い込まれるように真向かいにある近代文学館横の公園に足を踏み入れた。・・・以前、先見塾写真撮影会を開催したところである。

 大楠を取り巻く円形ベンチを横目に、更に公園の奥へと進んで行った。道沿いからは、公園内の紅葉がよく見えなかったが、ちょいと入り込み、頭上を見廻すと、全て紅葉のベールに覆われた中心位置に立っていた。

 そのまま弁当を持ち帰るのは勿体ないと思い、ぶら下げていた一眼レフカメラでパシャパシャと撮影する事にした。・・・近頃、如何にして抜けの良い写真を撮るかに頭を痛めている筆者である。・・・日頃は、猪突猛進の勢いで連写をするのだが、今回は一歩、二歩引いて、落ち着いて周囲を舐め回すように眺めることにした。

 寒空の下、優しい光の射し込み、反射、透過、回り込みと・・・紅葉と光の乱舞と化した公園。車に置きっぱなしの特上鰻重弁当。腹は鳴り出し、シャッターを押すのも嫌々気分。・・・最終的にはシャッターを切る方が勝り、社内の極上弁当は後回しにすることにした。

 実は、この公園は、以前、水前寺東濱屋の敷地であった処だ。(近代文学館建築の為に、現在の場所に移築となった。)・・・新聞社時代に筆者が初めて食した時は、典型的な料亭の佇まいであった水前寺東濱屋。当時の事を思い浮かべると、座敷に座り、目の前の庭園の花々や泉水を愛でながらの会食を楽しんでいたのだった。・・・そういった良き想い出もあり、どうしてもこの公園だけは足を踏み入れてしまうのである。

 僅か20分ほどの撮影時間ではあったが、いつもよりも集中して、泉水の映り込みや紅葉の賑々しい映像を切り取ることが出来たと自負する次第。(正に、自画自賛だ。)

 何はともあれ、同店の鰻の蒲焼きは天下一品。筆者の頭の中では追随するところは皆無。・・・炭焼きの蒲焼きは、美味しい熊本の米を一層旨くする魔法を持っている。鰻の焼き加減と独特なタレの絡まり具合は絶妙だ。・・・まだ、食された事がない方は、是非、一度と言わず、二度、三度足を運ばれては如何だろうか!?・・・自称グルメ通の筆者がお薦めしたい食事処の一つでもある水前寺東濱屋をご愛顧頂ければと・・・。

 蛇足だが、取材から戻り、オフィスで食した同店の特上鰻重弁当。・・・これは、旨いのなんのって!!!


▼東濱屋跡公園にて
koyou1


▼東濱屋跡公園にて
ishidoro


▼東濱屋跡公園にて
wakimizu



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2013/11/24 12:23 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp