ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 一つ目神社

一つ目水源の春!

800_6391


 一つ目神社の奥にある、一つ目水源。公園は整備されているというよりも、ほぼ、自然にお任せという環境なので、四季折々の動植物を思う存分楽しむことができるところである。ただ、イノシシとは遭遇したくはない。

 今回は、桜散る頃となったので、山手はまだ大丈夫かと思い、同神社に足を運ぶことにした。いやはや、日々初夏の暑さが続いていたので、期待に反して、桜はほぼ散りかかっていた。

 一眼レフを片手に歩き回ると、田んぼの畔のところにアザミ、小川を包み込んだクレソン、桜の木の根元にはキンポウゲ、湿地帯には土筆の姿があった。また、キンポウゲに執着するナミアゲハや、草陰を飛び回るアマガエルやツチイナゴ など、次から次へと、「ひょっこりはん」のように顔を出して来た。

 とても狭いところだが、すこぶる良い被写体があるものだと感心してしまった。以前の記事に書いた記憶があるが、昔々の「モウセンゴケ」とやらは、どこに自生しているのだろうと、今回も発見できずに帰途についた。


800_6417


800_6462


800_6487


800_6512


800_6558


800_6565



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2018/4/3 12:00 am

一つ目水源の彼岸花・・・

1


 いやあ、嫌な天気である。ランチを済ませて車に乗り込むと、パラパラと小雨が降って来た。

 ある商品撮影のために、一つ目水源(熊本県山鹿市)へ足を運ぶつもりだったが、これは撮影どころの話ではない。しかし、天候が回復する可能性もありと見て、そのままステアリングを握り続けたのだった。

 案の定、雨はピタッと止み、水田が干からびそうな強い太陽光が射して来た。先日はほとんど彼岸花など咲いてなかった一つ目水源。今回は嘘のように真っ赤なラインが並んでいる。他処と比べると、一際鮮やかな赤さの彼岸花のようだ。

 蝶や蜻蛉が無数に飛び回っている。足元を見ると、足長蜂まで来ているではないか。今回から持参したスズメバチ撃退用のジェット噴射をして事なきを得た。しかし、太陽光が強く、明るすぎる現場。結局、商品撮影を途中で諦め、彼岸花と蝶を撮影して帰ることにした。

 少々、気になったことだが、以前、美しい水辺にびっしりと育っていたクレソンの姿がなくなっていたので、雑草と一緒に処分されたのだろうか・・・。


2


3


4


▼本日の取材風景
5



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/9/23 01:06 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp