The Rosetta Stone Blog

タグ » ダイニングキッチン九曜杏

癖になる、和風ステーキピラフ!

▼熊本ホテルキャッスルの和風ステーキピラフ
DFD_0525


 熊本ホテルキャッスルのダイニングキッチン九曜杏のグランドメニューに、「和風ステーキピラフ」というものがある。何と、これが1700円(税サ別)。ホテルメイドの料理を目の前に、ゆったりとした気分で食すとなれば、これは激安と言える。

 ピラフには、人参、椎茸、銀杏などが艶やかな米に埋め込まれ、トッピングに錦糸卵と薑(はじかみ)。実際には肉の上に野菜が軽く乗っている(筆者の場合は野菜を別の皿に盛り付けを依頼)ので、栄養バランスとしてもバッチリとなる。

 また、時にはさっぱりとミックスサンドも欲しくなるものだ。これは、1300円(税サ別)であり、コーヒーを追加オーダーすれば、その日のランチは十分だ。そこで熊本ホテルキャッスル会員カードを作っておくと、サービス料が免除となり、2000円でお釣りが返ってくる。

 今回、和風ステーキピラフについてくるラッキョウを、行儀悪くも、皿の上にて小さく輪切りにして、卵サンドの中に敷き詰めて食べてみることにした。思いの外、和風ピクルスと卵が合間って、食感も良く、とても美味しいサンドイッチに様変わりしたのだった。一つの発見である!

▼同ホテルのミックスサンド

DFD_0515


▼写真はイメージ
D60_6442



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link


                 

  • posted by Chikao Nishida at 2019/1/7 12:00 am

朋あり遠方より来る、また楽しからずや

D75_7551


 昨日は、正に「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」の境地であった。「論語」の「学而編」の一節だが、すこぶる人間味のある素敵な表現だ。

 実はその朋(とも)とは数年ぶりの再会であり、わざわざ滋賀県から来てくれた。初めて会ったのは、約30年前のこと。それから何度も、当社が主催する異業種交流会(宮崎、京都など)に、遠路はるばる参加してくれていた。

 筆者が某メーカーの全国講師をしている頃に、大阪で開催されたセミナーで出会い、筆者の話を聞いてくれた。それから、滋賀県で自らがセミナーを開催し、筆者を招聘してくれた。

 数年ぶりだが、話は尽きない。しかし、僅か2時間ほどの再会だったので、大した接待はできないが、今回は特別に熊本ホテルキャッスルに「海の幸三昧」のランチをオーダーすることにした。

 可能な限り、地産地消にて、熊本県内の海の幸を揃えて頂き、ブイヤベースにしてもらった。本当に時間がないので、軽めに作ってもらったが、正直、あと一人前食べても良いほど、味わい深い料理であった。

 厨房への伝言がうまく伝わらず、サラダが普段と変わらず単調なものであったのが悔やむところであるが、朋は熊本の食材を十分に堪能して、午後1時半には熊本駅で新幹線に乗り、帰途についたのだった。

 
D75_7549


D75_7539


D75_7543


D75_7559



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

         

  • posted by Chikao Nishida at 2018/11/4 04:39 pm

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp