ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » 山鹿市探訪

片田舎で製造された木村ピアノ(再掲載)

▼木村ピアノ(山鹿市立博物館所蔵)

kimurapiano-01


 昨夜、NHK BS プレミアムカフェ「ピアノと日本人」(2017年放送)が再放送された。確か、筆者も取材した記憶があったと思い、早速当社ニュースから検索したところ、2015年8月15日付けで「片田舎で製造された木村ピアノ」と題して、記事を書いていた。

 NHKさんの情報源は定かではないが、Googleで「木村ピアノ」で検索したところ、検索1ページ目に筆者の記事も抽出されたので、何となく、勝手ながら嬉しさが込み上げてきたのである。実は、山鹿市立博物館で当時の館長と立ち話の後に取材したものだった。

 ピアノと聞けば、ヤマハやカワイ、そして海外のスタンウェイなどを思い浮かべるが、当時、庶民には手が届かぬような高価なピアノが、この片田舎の熊本県山鹿市で製造されたことは、驚くばかりか、それが生まれ故郷となれば、嬉しさも倍増するのである。

 以下は、2015年8月15日付けの当社過去記事。ネット事業を1995年からスタートした当社(ディー・アンド・エルリサーチ株式会社)としては、今回の検索結果と、NHK BSにてドキュメンタリーとしてアーカイブが残っていることに、更に、嬉しさ倍増するばかり。

 何の気なしに記事にしたものが、これほどまでに価値があるのだから、生まれ故郷の田舎も捨てたもんじゃないと、独り言。因みに、木村兄弟が製造した「木村ピアノ」は十数台だが、山鹿市に残る「木村ピアノ」は、山鹿私立博物館に寄贈された、この1台のみとなる。

※スタンウェイの前身第一号ピアノ:1835年
(作者:ハインリッヒ・エンゲルハルト・シュタインヴェーク)
※ヤマハ第一号ピアノ :1900年
※木村兄弟第一号ピアノ:1924年
※カワイ第一号ピアノ :1928年

▼2015年8月15日付けの過去記事(一部)

 帰り際に何気に置いてあった小さなピアノに目が行った。じろじろ見ていると、館長が説明に来てくれた。

 何と、1924年頃(大正時代末期)に、山鹿市の木工所職人だった木村兄弟が製作したピアノらしい。鍵盤も象牙製。軽く鍵盤を抑えた音が、とにかく透明感があり、こんなに立派で豪華なピアノを、山鹿の職人が作ったと聞けば、とても誇らしく思えてならない。

 当時は、国産アップライトピアノが650円、スタンウェイなどの輸入ピアノが1600円で(当時の公務員の初任給が60円の時代)、とても庶民の手が届くものではなかったようだ。

 館長から特別に取材許可を得て、鍵盤を叩いてみた。ちょろんとビートルズのヘイジュードの頭の部分だけ弾かせて貰ったが、手触り、鍵盤(象牙)の重みと戻り、奏でられる音色に驚いてしまった。失礼な話だが、片田舎の山鹿で製造されたピアノとは思えぬほど、完成度が高いことに、また、当時の兄弟職人の腕がとんでもないことに気付かされた。

 蛇足だが、私が自宅に持っている電子ピアノ(本格的な造りの結構なお値段のYAMAHAピアノ)でさえも、その生の音には敵わぬことがよく分かる。今回の取材では素敵な発見があり、すこぶる清々しい気持ちで帰途についた。

https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1439618790Link


kimurapiano-02


kimurapiano-03


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2022/4/28 12:00 am

雨上がりの桜・・・

20220320-001


 熊本市内は、生憎の雨だった。スマホで雲の流れをチェックすると、県北部は午後3時過ぎには雲が切れ、青空が見えるような気配。一度は取材を断念したが、もしかすると、雨上がりの桜の花を撮影できるかと思い、水辺プラザかもと(山鹿市鹿本町)へ一目散・・・。

 途中の車の往来は少なく、すいすいと同プラザ駐車場に到着。ところが、小糠雨が止む気配がない。スマホの雲の流れがズレたのか。諦めて帰途につこうとすると、お日様の光が差し込んできた。さっとカメラを持ち出し、傍を流れる上内田川の土手へ足を運び入れた。

 運良く、白と薄ピンクの桜の花が咲いている。雨が上がり、段々と青空になってくる。光が強過ぎると厄介なので、雨上がりのしっとりとした桜の花々を、マクロレンズで捉えることにした。水滴がたくさん花びらに乗っており、周囲の景色を映し出し、とても美しい。

 撮影すること20分程度。一度諦めたが、思い直して、今回は正解であった。もう少し撮影する時間が欲しかったが、午後4時を過ぎていたので、途中の車の渋滞を避けるために、車のエンジンを掛けた。正直、後ろ髪を引かれる思いのまま、帰途につくことにした。

 蛇足ながら、同プラザ駐車場にはキャンピングカーがやけに多かった。ナンバープレートを見ると、札幌ナンバーもあり、全国各地からアウトドア派の人たちが集まっているようだ。温泉もあり、食事処、ショッピングゾーンなどもあり、人気ポイントなのだろうと・・・。

 コロナ禍の時代は、キャンピングカー生活は楽しそうに見えてならないが、ほとんどの来場者は、現役を退いた高齢者ばかりである。本格的なキャンピングカーもあれば、軽を強引にキャンピングカーにリメイクしたものもあるが、装備はなかなかのハイテクのようであった。


20220320-002


20220320-003


20220320-004


20220320-005


20220320-006


20220320-007


20220320-008


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2022/3/20 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp