The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » SNS・SEO・INTERNET

価値観の歪み・・・

himawari


 PCにインストールしたAdobe PhotoshopやIllustratorをちょっと齧れば、「1億総クリエーターの時代」と豪語して、素人軍団がアーティスティックで神聖な領域に足を踏み入れる。センスの無さなどお構いなしの駄作ばかりが巷に溢れ、価値観の歪みを生じさせている。

 ネット時代となり、Homepage builderや無償Blog、Facebookをちょっと齧れば、これまた素人軍団が勉強会と称して、参加費(木戸銭)を取り、根拠の無い夢ばかりを語る。よって、価値観の歪みを助長している。

 企業として、店舗として、未だに公式サイトを保有していないところは、正直なところ、それなりのレベルであり、それなりの価値観で物事を判断する尺度しか持ち合わせていない。(相当実力があり、大勢のファンや顧客を保有するところは別格!)

 例えば、ある組合組織のネット事業を垣間見ると、合同の公式ブログが存在してはいるものの、全てが「どんぐりの背比べ」に過ぎず、その稚拙極まりない企画やコンテンツ、偏りのあるもので十分自己満足している訳だが、ここでも浅はかな素人軍団の「勘違い」が、低空飛行の元凶となっている。

 写真上のように、せっかく大輪の花を咲かせたヒマワリだが、アブラムシ、芋虫などの害虫により、花も葉も、ボロボロになっている。見た目も悪く、息絶え絶えの状態となる。「虫食い」や「ふ」ができ、今にも花が枯れ落ちそうな「辻が花」の世界であれば、その「侘び寂び」を十分楽しませてくれるのだろうが・・・。

 1994年以来、ネット事業を展開して来た中で思うことは、社内や団体組織に中途半端な素人をネット担当にしないことである。今ではスマホ、タブレット、パソコンなどを操るのは、小学生でもできる話だ。ただ、デジタル嫌いの年配族が、逃げに転じ、その核となる部分を無責任にも丸投げするから、価値観に歪みが生じ、日々低空飛行をやってしまうの繰り返しをするに留まる。

 さて、あなたの会社、団体、組合などの公式サイトは、しっかりとしたコンテンツの状態であるか否か、検証されては如何だろうか!?そして、間違いのないベクトルで運営されているかも、確と見られることをお薦めしたい。

 最後に・・・

 蛇足であるが、ある文化事業関連の公式サイトを拝見させていただいた。立ち上がって既に4年以上が経っている。しかし、僅か8000件のアクセス。これを多いか少ないかと言えば、はっきり申し上げて、少なすぎる。数百人の会員(裾野までカウントすれば数万人)の公式サイトで、1年間に僅か2000のアクセスで運営されているのであれば、その公式サイトの存在価値は皆無となる。無駄な経費ばかりが飛んで行くのである。

 その担当者が、ネットの仕組みやコンテンツなどのノウハウも基本から学んでいないから、上記のようになるのは当然のことではあるが・・・。


DF1_7295



▼ロゼッタストーン公式ポータルサイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2016/10/2 12:00 am

ネット事業の落とし穴

800_1834


 ネット事業と本業とをジョイントさせ、その歯車が噛み合い動くためには、事業主は、ITへの知識を深め、ハード&ソフトとも最低限の環境を整えることが必須となる。

 「一応、公式サイトを持っているから!」だけでは、大丈夫ではない。「一応、FacebookなどのSNSをやってるから!」でも、大丈夫ではない。「ブログもたまにやっているから!」でも、大丈夫でない。「専門店が集合しているポータルサイトに情報があるから!」も、大丈夫ではない。・・・これらは、ただ形があるに過ぎない程度のものだ。

 結局、経営者としては、動的ネット戦略を展開し、自社サイトが埋もれてはいないか、死んではいないかを日々検証しつつ、常に正攻法のネット事業へのベクトル調整を行い、且つ、その時代の流れに即して展開しなけれならない。

 都市部から足を運ぶ似非プロバイダに丸投げをして、その餌食となっている企業や店舗は、相当数にのぼる。例えば、データが重すぎて、スマホやタブレットで閲覧しても、表示時間が掛かりすぎ、見ている人が待ちきれず、そのホームページから立ち去っていることにも気づいていない。

 定期的な情報更新のない公式サイトは、ただの古びたチラシと変わらない。流れる情報を最重要視する現代において、生きた化石のような公式サイトと評価が低く、動かぬWEBサイトが万とあるのだ。

 先ほど、或る菓子関連ポータルサイトをチェックしてみた。2008年に立ち上がり、情報更新が2008年をピークに、2009年から段々と更新されなくなり、昨年1年間では、僅か1つの更新情報が載っているだけで、既に10ヶ月以上が経過している。

 その中で紹介されているクライアント(広告主)は、殆どが独自公式サイトを保有しているようだ。しかし、ポータルサイトの甘い営業トークにのっかり、広告宣伝の形で紹介されている。じっくり検証してみると、埋もれた情報として露出度もなく、淀んだ池の中に浮く小さな葉っぱに過ぎなかった。

 そこには、一人の職人の記事がアップされていた。素人のような質疑応答が続き、あたかも有名人扱いをして、写真付き、動画付きの記事の掲載で、所謂、料理の鉄人を見るように、こそばゆいほどの神輿記事となっている。消費者、ネットサーファーとして読むに耐えない、不要な情報ばかりが羅列されていた。

 トップページの最新情報が2015年10月となっているのに、最終更新日は2015年4月になっている。既に、動きが止まっている、無責任な管理状態であることが窺い知れる。・・・しかし、それに気づくクライアント(広告主)は皆無に近い。

 また、自己顕示欲の強い人は、SNSで、自己宣伝ばかりに傾注しているが、その自己宣伝は、単に自慢をしているかように誤解を招いたり、思い通りに真の情報として相手に伝わることなど皆無となる。

 よって、SNSと公式サイトの連動は、慎重にすべきであるが、仲間内との下らんチャットが、公式サイトにフィードバックされようものなら、その事業主の文化レベルの低さや思考回路の偏りなどがが露呈したり、不要な個人情報とともに、眼を塞ぎたくなるような劣悪な会話(コピー及び拡散可能な会話)が残ることになる。

 更に、ブログの活用法を誤っている事業主も多々いる。個人のお遊び的な日記ならば、別に読むに値するものでもないのだが、これが、仕事に関わるブログとなれば、個人的なお遊びブログを別に作り、公式サイトとは別次元で展開し、恥をかかぬよう、オフィシャルサイトと連動すべきではない。

 似非コンサルは、個人日記に写真を掲載るだけで「取材して記事を掲載!」と豪語する。実にお粗末な遣り方だ。個人日記を書くだけのことだが、仰々しく「取材」と表現するのも烏滸がましい。ICT専門家でもない人間が、稚拙な日記でコンサル料を請求するなど、本末転倒。端から見れば、詐欺的行為・・・道交法で言えば、無免許運転となる。

 無料サイト、無料ブログ、そして無料のSNSを束ねて、コンサル契約をする人間は、無知なクライアントに対して詐欺的行為を日々行っていることになる。あくまでも、個人レベルで趣味趣向で遊べるのが、無料サイトや無料ブログとなる。SNS上に浮いている広告宣伝のボタンなども、すべては、無料に走る個人への扇動、洗脳のための・・・虫取り網にすぎないのだ。

 以上のように、見えているようで見えない「ネット事業の落とし穴」がたくさん存在していることを知るべきだ。よって、少しでも早めに気付き、その落とし穴から脱却して、健全かつアグレッシブなネット事業へと舵を取られるよう願えればと・・・。


▼ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

         

  • posted by Chikao Nishida at 2016/8/1 03:09 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp