The Rosetta Stone Blog

2018年「想い出の写真集」(7月)

IMG_1704


 2018年7月を思い起こすと、この夏一番の大きなダブルウェイブだった。一つは、鹿央物産館の連続取材。もう一つは、長年待っていた「えのきぞの」の移転オープン。

 前者は、同年6月12日以来続けてきた、地域おこしサポートの為の取材である。また、後者は、熊本市内でも稀有存在である本格的な懐石料理の老舗「えのきぞの」のロゴ制作からWEBサイト構築、SNS連動、そして取材と記事掲載に邁進した1ヶ月となった。

 鹿央物産館のレストランに至っては、1ヶ月ほどで全メニュー完食するほどの勢いであったが、まったりした田舎特有の時空の流れに、正直なところ困惑した事も何度かあった。しかし、手作りの料理群はすこぶる健康的で、いつの間にか、周囲に咲き乱れる古代蓮と友達になった。

 「えのきぞの」に関しては、ロゴ制作が切迫しており、少々慌てたことを思い出す。結局、徹夜をして「えのきぞの」のロゴ制作を完遂した。自分なりにイメージしたものだが、他社が制作した4つのロゴと比較すると、テーブルの下でグーを握った事を思い出す。

 企業イメージを凝縮させねばならぬロゴ。そのクライアントの歴史や伝統、そして拘りや日頃からの動静を知らずして、描けるものではない。たまたま、「えのきぞの」については十数年前から存じ上げていたので、その凄腕や味は十二分に分かっていたので、その点は楽だった。

1)鹿央物産館のレストラン料理群(山鹿市鹿央町)

7-2


2)稲作が始まり、アマサギが餌を強請る。(熊本市植木町から山鹿市鹿央町付近)
7-10


3)「えのきぞの」の新ロゴ(熊本市中央区新屋敷)
7-29


4)雨水がたまった古代蓮の葉(山鹿市鹿央町)
7-15


5)蝉の抜け殻(山鹿市鹿本町)
7-17


6)鹿央物産館ツインドーム (山鹿市鹿央町)
7-24


7)鹿央物産館 やすらぎ館(山鹿市鹿央町)
7-24-2


8)番所(山鹿市菊鹿町)
7-26


9)美しい古代蓮の花々(山鹿市鹿央町)
7-31-2


7-31-3


7-31


731-4



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link


                     

  • posted by Chikao Nishida at 2018/12/22 12:00 am

旨過ぎ、安過ぎ、お刺身御膳。

850_9174


 四季の味やまもとやのランチタイム1時過ぎに到着したところ、ほぼ満席の状態。遅めに行ったつもりだったが、少々甘かった。食事をしている間に、あちこちのテーブルが空いたと思うと、すぐに埋まるという流れ。ランチタイムのオーダーストップギリギリになっても客足が止まることがない。

 今日の狙いは、同店ランチで人気メニューの一つである「お刺身御膳」である。勿論、食後にコーヒーとデザートが付いており、それで税別2000円だから、すこぶる安い。

 食後に、厨房の中を取材しようとすると、嵐の後の静けさとなっており、統括・店長の山本剛大(兄)さん、料理長の山本紘士(弟)さんの二人の姿が見えたので、パシャパシャと撮って、また、客室に戻った。

 話は前後するが、今日の「お刺身御膳」はまた一段と美味しくなっていた。よって、お盆にのった料理を全て平らげ、最後に味噌汁をすすった。今日は、大変満足の行く取材ランチであった。


▼統括・店長
850_9189


850_9274


850_9278


▼料理長
850_9227


850_9249


850_9290



◎四季の味 やまもとや公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/yamamotoya/Link

◎四季の味 やまもとや過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=yamamotoyaLink

文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2018/12/21 12:15 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp