向陽寺 住職 渡辺紀生

ギター和尚とお元気説法

渡辺紀生(わたなべ きしょう)
プロフィ−ル

渡辺紀生

昭和22年3月19日生
熊本県上天草市松島町 曹洞宗大悲山(そうとうしゅうだいひざん)向陽寺住職
駒澤大学仏教学部卒
曹洞宗布教師 梅花流御詠歌師範
軽音楽部にてバンド活動、百貨店ピアノコンサルタントを経て帰郷、町おこし没頭
法務の傍ら観光客の皆様にギター説法と全国へ講演活動
著書 ギター和尚のお元気説法
   ギター和尚の痛快説法
   ギター和尚のしあわせ説法
独自の楽書を手掛ける書家

曹洞宗大悲山向陽寺
〒861-6102 熊本県上天草市松島町合津2856
TEL:0969-56-0200 FAX:0969-56-0873
MAIL:kishow@orange.ocn.ne.jp

昭和63年旧松島町の観光協会によって九州三十三観音霊場認知症封じ松島慈光観音が町民の皆様の浄財を募り建立される。
旅館ホテルから老人会等が参拝を始める。
明日の松島を考える会の会長だったこともあり、町おこしとしての爆笑案内と爆笑法話を始める。
無料で行われる法話は好評を呼び、バスツアーが組まれる程になる。
気軽に来れるお寺、生きているうちに仏教を笑いながら、楽しく学べるお寺を目指すうちに、学生時代に夢中になってやったギターの弾き語りを取り入れる。
するとマスコミに取り上げられ、NHK、おもいきりテレビ、あさチャン、ニュースキャスター、日本テッパン遺産、羽島慎一モーニングショー等に出演して大きな反響を呼ぶに至る。
「ギター和尚のお元気説法」を聴きに、今や全国から数万人が訪れる。

向陽寺沿革

風光明媚な雲仙天草国立公園の一角にある曹洞宗の寺である。
凡そ300年前に観音堂が旅の僧宗舜上座によって建立されたと伝えられる。
明治年間に寺として、大矢野遍照院から独立、今に至る。
九州三十三観音霊場二十一番札所
認知症封じ松島慈光観音のお寺

ギターと笑いのお元気説法 
人生は楽しくなくちゃ!

 学生時代はバンドを組んでいて、芸能界を目指した時期もあり「お説法ギター入りで楽しくやったらどうだろう」と講演会に招かれた時に、味付け代わりに歌入りでやったのが始まりでした。
笑い声が絶えないお寺、聞き飽きない法話、生きているうちに生かされる仏法、亡くなった方々の菩提を弔うと同時に、『生きる』ことの尊さを世に流布できる住職を目指したのです。
口コミとマスコミで話題になり年間数万人にお話しするに至りました。
 暗い憂き世を吹き飛ばす 「お元気説法」 あなた 聞きにきませんか?
 足をくずして気楽にどうぞ。

ギターコレクション

渡辺住職の
プライベートスタジオへようこそ!

ギター

“ギター和尚”は、今も現役のバンドマンです。
アマチュアハワイアンバンドに所属しています。
ギター6本、ウクレレ3本、キーボード、ピアノ、ハモンドなど、
スタジオは楽器一杯です。
私の宝物でもある2本のギターを紹介します。

オベイション アダマス

現在、ギター説法のメインギターがこの“オベイション アダマス”。20年程前に購入致しました。
オベイションの初期の頃のモデルで、この写真ではわかりずらいと思いますが、ヘッドにはきれいな彫刻が施してあります。

オベイション アダマス

ギブソン(1951年作)

東京時代にずっとメインで使用していた“ギブソン”。
19才の時に、出演していたナイトクラブでプロから譲ってもらい、お茶の水の楽器屋で修理したものです。
そういうこともあってか、私にとってこのギブソンは「永遠」「自分のすべて」というほど思い入れの強いギターの1本です。めちゃめちゃ、いい音がします!

ギブソン(1951年作)
ページトップ
THE ROSETTA STONE