向陽寺 住職 渡辺紀生

向陽寺の歴史と札所

向陽寺

九州三十三観音霊場二十一番札所
松島慈光観音
開基 天光丹瑞和尚
建立 享保8年

熊本県は天草の松島、風光明媚な雲仙天草国立公園の一角にある。
当山は、旅の僧、悟室宗舜上座により観音様のお堂が建てられたとされる。
一説にはこの地に赤穂浪士の残党の一人が、切腹をした四十七士の霊を慰めるために写経を埋めた塚である六部尊だったという。
その後、大矢野遍照院の庵寺として建立され大正二年に本堂の完成と同時に向陽寺として独立する。 松島町指定文化財「雨乞いの鐘」が有名。

向陽寺の魚濫観音さま

ギター

向陽寺の魚濫(ぎょらん)観音さまは平成元年、姫戸町の魚屋さんの申し出により魚介類のご供養をさせて頂いたのがきっかけで建立の発願となりました。
旧松島町を中心に、漁業組合や旅館組合、飲食業組合の皆さまの浄財を募り、京都の有名な仏師に依頼して彫っていただき、当山の本堂にお祀り致しました。
爾来、5月18日の観音大祭に合わせて漁業組合長や観光協会長に祭文をご奉読頂き、粛々と、さかな供養を続けております。
つきましては、海の恵みに感謝し魚介類の命に対する報恩感謝の誠を捧げたい個人や団体の方々のご供養をお引き受けすることと致しました。お申し込みをお待ち致しております。
一年中、当山の行事のある日以外はお受けいたします。
尚、詳細は当山寺務所までお問い合わせ下さいませ。

大悲山向陽寺
〒861-6102 熊本県上天草市松島町合津2856
TEL:0969-56-0200 FAX:0969-56-0873
MAIL:kishow@orange.ocn.ne.jp

ページトップ
THE ROSETTA STONE