ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2012 年 08 月
S M T W T F S
     
01
02
03
04
05
06
 
07
08
09
 
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0095647 / 今日00051 / 昨日00400
2012/08/21 先見塾(起業家育成塾)
宿の選び方、利用の仕方。・・・情報収集
宿の選び方、利用の仕方。・・・情報収集
◎日比谷公園から見た帝国ホテル東京(上写真左側/奥はタワー館)

 宿の選び方は、旅行の目的や連れや人数によって変わってくる。旅館にするのか、シティホテルやリゾートホテルにするのか、又はビジネスホテルにするのか・・・。

 旅は、何と言っても準備段階がワクワクドキドキで楽しいもの。・・・日時が決まれば、旅程を組まねばならない。旅行代理店やアメックス・コンシェルジュサービスなどの全てお任せモードでも構わないが、できれば自分たちでオリジナルツアー(交通手段や宿泊施設などを選定)を組むことをお薦めしたい。

 さてさて、行き先の情報収集だ。昔であれば、旅行代理店に足を運び、担当者と一緒にタリフを見ながらあれこれ夢を膨らませる。・・・しかし、現在は膨大なインターネット上の情報をフルに活用し、現地情報をあらゆるキーワードで検索可能となる。・・・行き先までの休憩やショッピング箇所などを組み込みながら、最終的な宿のチェックとなる。

 私は、頭から訳の分からぬ口コミサイト情報やエージェントが独自で★印を付けたお薦めの宿情報などに信憑性を求めないことにしている。何故なら、主観だらけの口コミ(素人記述がほとんど)や、広告段数が高いところへ優先的に★印を付けるようなやらせ情報は、かえって邪魔になってしまう。

 先ずは、その宿の公式サイトの質と最新情報発信の内容をチェックすることが重要なポイント。例えば、東京出張の場合は、銀座、新宿、青山・・滞在中に何処を見て回るかを検討し、アクセスの良いホテルを検索することに・・・。

 例えば、そこで「帝国ホテル東京」を検索で見つけたとしよう。・・・公式サイトを開いてみると、帝国ホテルには東京、大阪、上高地などの情報が掲載されている。そこでサンデーマンデープランのような宿泊プランの割安があるのか、レストラン情報・・・料理の種類や値段がどの程度のものなのかをチェックをして行く。

 http://www.imperialhotel.co.jp/j/

 また、併行して同ホテルのコンセプトや歴史、拘り、更にはサービス業の原点をどこまで追究しているのかを読み取って行く。・・・流石に帝国ホテルだ。社員教育の原点でもある「十則」を掲げ、地下には国内初となるショッピングアーケード、有名レストランと多種多様な料理群など、日本の文化創造に120年以上も牽引してきたホテルのホテルとして・・・ただ閲覧しているだけで、足を運びたくなってしまう。

 しかし、予想に反して公式サイトはシンプルで地味である(実に素敵だ)。ネットサーフィンには全くストレス無く、サクサクと次の情報ページへ進んで行ける。重たく不要な演出も皆無であり、宿泊者のニーズを十二分に満たすための情報として、必要最小限に整然と網羅しているのである。

 ボーッと見ていると、右手にオンラインショップのボタンが見えたので、クリックしてみた。

 http://shop.imperialhotel.co.jp

 これはこれは。残念ながら近日中に出張の予定はないが、スイーツ系や料理など充実したオンラインショップには驚いた次第。

 やはり、オリジナル情報が散在(ネット上で迷子になるほど、色んなところに情報を掲載する稚拙な手法)する事のない、信憑性の高い情報発信・・・つまり、公式サイトを中心としたネット展開をしているのだ。・・・基本の基本を貫いているようで、安心して予約ができるというもの。・・・蛇足だが、Copyrightに関しては、2004年を2012年に訂正して頂ければと。

宿の選び方、利用の仕方。・・・情報収集
◎帝国ホテル名物のアイスコーヒー

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2012/08/21 00:00:14  更新2012/08/21 00:00:14