ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2012 年 08 月
S M T W T F S
     
01
02
03
04
05
06
 
07
08
09
 
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0095643 / 今日00047 / 昨日00400
2012/08/17 先見塾(起業家育成塾)
人間関係・・・分相応に
人間関係・・・分相応に

 兎角、隣の芝生が青く見えたりするのは、仕方のないことかも知れない。日頃から近所とは別に競争をして生活している訳でもないのだが、向かいの家が新しく建て替わったり、急に最新ハイブリッドカーがご近所の駐車場にお目見えすると、気になって気になって仕方がないと、毎日のように足を運んで見に行く人もいる。

 特に、物欲、金銭欲が強ければ強いほど、他人様の動きに気が取られてしまい、連鎖的に衝動買いをしたりで、予定外の出費に苦しんでしまう人も居るようだ。また、お呼びでも無い色んなパーティや宴会にも強引に足を運び、名刺を配りまくらねばと、落ち着きのない鳩のように地面の餌を突いて回る人も見受けられる。

 他人様のことを気にし始めると切りがない。意味も無くその狭い領域、視野の中で動いていると、肝っ玉小さく、妙にさもしい人間となってしまう。人生とはそのように陳腐なものではなく、常に己の背中を客観視しながら、毎回自分自身に宿題を課して、少しずつだがじわじわと己の目的に近づけて行くことが重要なのである。

 それを義経の八艘飛びのように、一気にプチセレブへの道を歩もうと無茶をする人。重ね着で十分衣服があるにも関わらず、目先の流行だけにとらわれて、次から次へとブティックに通い込む人たち。安アパートに住みながら、1000万円もする高級車を青空パークに駐車している人。サラリ−マンになりたてというのに、ロレックスの腕時計やエルメスのベルト、フェラガモの靴を履いている人など・・・色んな人が居る。

 それは各自の人生の楽しみであるからには、誰もクレームを付けたり、悪事の如く指摘するものではない。しかしながら、人には「分相応」という物差しが存在しているのだ。一過性に稼ぎまくって贅を尽くしている人は、瞬間的に潤沢に金銭があるとしても、その姿はギクシャクしていて、言葉は悪いがセンス悪いチンドン屋かとっちゃん坊やの七五三のように見えて仕方がない。

 自分の背中を見てみよう。本当に「分相応」なのか!?・・・どこかで無理して虚栄を張っていないか、見栄を張りすぎて最愛のパートナーを苦しめてはいないか!?度が過ぎたために、とんでもない借金ばかりが残されてはいないか!?

 食事でも同じ事。シェフ付の別荘にて数十年もの間、西太后が食したような贅沢な料理を食したとしても、最終的には「母親のおにぎりが最高の料理」となってしまう。贅を尽くすのはその人の自由。贅を求めるのも何ら問題はない。しかし、我々庶民の人生においては、努めて「分不相応」にならぬよう心掛けることが賢明な生き方なのである。

 私は、ギラギラと着飾ったちゃらい人物よりも、洗濯石鹸の香りのする清潔な衣服を纏った人物に断然興味もあるし、価値があると考える。タレントなどの情報をテレビやネットで視聴しファンとなるのは結構だが、彼らも我々と同じ庶民。画面の向こうで繰り広げられる下世話な離婚騒動なんぞ、何の価値もない。

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2012/08/17 00:06:22  更新2012/08/17 00:06:22