ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2012 年 01 月
S M T W T F S
01
02
03
04
 
05
06
07
08
 
09
10
11
12
13
 
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
 
28
 
29
30
31
       
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0847688 / 今日00323 / 昨日00634
2012/01/16 先見塾(起業家育成塾)
モラルとは?
モラルとは?

 モラル(道徳・倫理)とは理解できそうで、なかなか理解しがたい、大変微妙で見えにくいベクトルだと考える。「この程度だったら良かろう!」、「見つからなきゃ良いよ!」、「黙っておいても構わんだろう!」、「俺は顔が広いから無理を言っても大丈夫!」などなど・・・人それぞれに、自分の尺度で物事を考え、勝手な言動に暴走してしまう。

 それが公序良俗に反すれば法的規制を受け、第三者に精神的又は肉体的にも傷を付けることになれば、勿論、刑罰の対象とされる。

 私が今まで見てきた人物で、このような人たちが沢山居た。それは「自分の考えが法律だ!」と思い込んでいる人たちである。明らかに脱税行為であっても「分からなければ良い!」、また用意周到で作為的な虚偽申告であっても「黙って遅延させれば何も問題ない!」などと豪語する。

 自分本位で身勝手な論理展開の最たるものだが、それはあらゆる場面でも、色を変え形を変え品を変え、第三者に対して迷惑トラック20トン分の大きな荷積みを運んでくるのである。下手をすると10万トンタンカー数隻分かも知れない。

 或る日の夜、某ホテルのフレンチレストランで食事をしていると、男女二人がテーブルにドスンと座り込んできた。開口一番、周囲に聞こえるような大声で「ここのマネージャーは良く知ってるんだ。(ギャルソンに向かって)あのお、○○さん居る??」と、二度も三度も執拗に語る30歳前後の男性。

 携帯が掛かってくると「お〜、今○○ホテルでワイン飲んでる。そうそう、○○ホテルだよ!」と。周囲のお客はもの静かに料理を楽しんでいる最中であるが、本人は自分が顔が広い事を何とか女性に伝えたくて、あの手この手を使って披露することだけに傾注している。

 帰り際になり、「いくらなんだろうね?」と年配の女性が呟く。どうみても親子に見える年齢の差(女性が年上)だが、呼びつけたギャルソンが「お母様ですか?」と聞くと、慌てたように「いやいや、僕の友達だよ!」と切り返す。その一部始終が周囲のテーブルで食事をしているお客には、どうしても喜劇にしか見えない。

 最終的には、女性が「私が払うけど、いくらなんだろ?」と。男性は「ワインが○○円、おつまみが○○円・・・4000円もあれば大丈夫じゃん!?本当に払うの?」と少々心配げになって来たようだ。「吐きはしないけど、3軒目なのでかなり酔った。」と言う男性に対してその女性は「代行料を今から電話で交渉するので、たぶん○○円になると思うし、大丈夫、私が払うよ!」と。

 静かな会話を楽しむ空間が、この二人のために、竜巻に見舞われた山間部のロッジのようなレストランと化してしまった。大都市部の五ツ星ホテルや三ツ星レストランでは、当然のごとくテーブル席での携帯電話も大声での会話も禁止されている。パブリックなスペースにおける所作も何もあったものじゃない。だから「田舎っぺ!」と嘲笑されてしまうのである。

 良く言えば、超マイペース。しかし、それはホテル利用モラルを全く学習していない、単なる無知な大人(大人とは呼べないが)なのである。この「無知さ」がすべての場面で、大変なトラブルメーカーとなってしまう可能性が高い。「自分は周囲に迷惑を掛けていない!」と豪語している人物ほど、自分自身が無闇矢鱈に迷惑ビームを放出している事に気づかねばならないのである。・・・と言うか、気づかない人種だからこそ、迷惑ビームバリバリなのであろう。(苦笑)

 よって、このような人物への特効薬はなさそうなので、その他の常識を持ったお客の為にも、ホテルやレストラン側がそれ注視して、間髪を入れずテーブル位置を変えたり、それとなく角が立たないようなウィッツあるアドバイスをすべきではなかろか。

 蛇足だが、上述の若い男性は、さらりとメッセージカード(無ければ、自分の名刺でも良い)に「○○様へ 予約もせず、ただいま○○レストランに突然参りました。お手隙であれば、是非お会いしたいのですが・・・。」と書いて、ギャルソンに手渡せば、どれだけスマートでお洒落だろうかと・・・。

※写真はイメージ

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/

登録2012/01/16 00:00:17  更新2012/01/16 01:01:19